温泉バイトはきつい?

温泉地で行うバイトは、種類によって仕事内容が変わります。

なので仕事内容によって、向き不向きが分かれるんですね。

ただ共通しているメリットやデメリットもあります。

今回はそんな温泉バイトが、どのような仕事なのかを解説。

きついと感じる体験者もいるので、求人に応募する前に相性を見極めましょう。

もしバイト終わりに温泉に入りたかったり、接客マナーを学びたい人はオススメですよ。

参考⇒リゾートバイトを探すときのオススメ求人サイト5選

温泉や旅館のバイトはきつい?仕事内容はどんな感じ

温泉のバイトには、どのような仕事があるのか。

仕事内容はどの求人を選ぶかでガラっと変わります。

ここでは特に定番の仕事内容を見ていきましょう。

① 温泉宿や旅館のフロント・予約

旅館

来店したお客さんに最初に対応するのが、フロント業務。

宿や旅館に来たお客さんへの対応がメインの仕事になります。

フロントの仕事の流れ
  • チェックイン対応
  • 鍵を渡す
  • 利用客からの電話対応
  • 入浴用品の販売
  • 利用料のレジ
  • 鍵を受け取る
  • チェックアウト対応

その宿や旅館の顔として、お客さんに接するので笑顔が大事。

人と接するのが得意だったり、コミュニケーションが好きな人に向いているアルバイトです。

電話で部屋の空き状況を聞かれたり、利用客からの要望を受けるのもフロントの仕事。

もし外国人環境客に人気の観光地だと、英語が話せると重宝されますよ。

② 温泉宿の仲居さん

女性に圧倒的な人気の求人が仲居さんのアルバイト。

着物を着て宿泊するお客さんに、丁寧に接客するのがメインの仕事です。

仲居さんの仕事の流れ
  • お客のお出迎え
  • 客室へ案内
  • 施設の説明
  • 料理やお茶の配膳
  • 料理の片付け
  • 部屋の布団敷き
  • お客のお見送り

基本的には着物や作務衣を着てアルバイトに取り組みます。

なので接客用語だけでなく、和室のマナーや着付けを学べるのがメリット。

楽な仕事ではありませんが、時給もよく女性に人気となっています。

こちらも外国人観光客が多い地域だと、英語が話せる方は重宝されます。

③ 温泉・旅館の館内清掃・客室清掃

清掃業も温泉地での定番アルバイトとなっています。

大きく分けると館内を掃除するか、客室を掃除するかの2つ。

職場によっては両方担当することもあります。

仕事内容
  • 館内の清掃
  • 部屋のタオルやシーツの回収・設置
  • 部屋の布団敷き
  • アメニティの補充

泊まっていたお客様がチェックアウトする10時ごろから部屋を清掃。

布団を片付けたり、アメニティを補充して、次のお客様が快適に使えるように掃除をします。

次のお客様は15時ごろにチェックインするころが多い。

なので10時から15時までに忙しくなるアルバイトですね。

コミュニケーションが苦手な人でも取り組みやすい仕事です。

④ 温泉地の旅館だと一般的なアルバイトも募集している

飲食店バイト

温泉地ならではの仕事ではない、定番のバイトも募集しています。

例えば旅館にある飲食店でのアルバイト。

勤務地が温泉地にあるだけで、仕事内容は通常のホールやキッチン業務となります。

飲食店でのアルバイト
  • お客への接客
  • 調理補助
  • レジ対応
  • 皿洗い
  • 店内の掃除

また売店でレジ対応をする仕事も募集していることがありますね。

こちらも仕事内容は、売店やコンビニなどとほぼ同じです。

売店のアルバイト
  • レジ対応
  • 商品の補充
  • 店内の清掃

こういったアルバイトは仕事内容は通常のバイトと同じ。

ただ勤務地がリゾート地なので、住み込みで働くリゾバとして求人が出されています。

普段から飲食店でのバイト経験があるなら、すぐ仕事を覚えることができますよ。

参考⇒リゾートバイトで月30万を稼げるの?戦略

温泉・旅館のバイト例
  • フロント業務
  • 仲居さん
  • 清掃スタッフ
  • 館内の飲食店スタッフ
  • 館内の売店スタッフ

スポンサーリンク


温泉・旅館のバイトはきつい?悪い評判でわかるデメリット

温泉地や旅館でのバイトは華やかに見えますが、きついこともあります。

リゾバ特有の辛いシチュエーションなどもありますよ。

① 旅館でのアルバイトはシフトが楽じゃない?

アルバイトの就業規則

お客さんに快適な環境を提供するのが、旅館のアルバイトの醍醐味。

だからこそシフトに関しては、慣れるまで大変という声が多いです。

朝は早くて、夜は遅い。

中抜け休みなどで休憩をとって働く職場も多いです。

https://twitter.com/touchan_now/status/1553722537367941125

旅館だと朝食の準備もあるので、朝早くから業務が始まります。

メリハリをつけて働かないと、体力を回復することができません。

逆に慣れてしまえば規則正しい生活が身につくので健康的な暮らしになります。

普段から夜更かしをしている人は、急に生活が変わるので大変ですね。

② 温泉地や旅館スタッフは髪色やネイルも厳しい

仲居さん

仲居さんやフロント業務をしたいなら、身だしなみも厳しいです。

お客さんと接する機会が多いので、外見も自然に厳しくチェックされます。

髪色は基本的に黒髪で、茶髪も職場によっては難しいことも。

求人の募集要項を事前にチェックして、応募することをおすすめします。

また温泉で働くとなると仲居さんのように、和服で働くことも多い。

着物や作務衣の着方だったり、和服での所作や振る舞いも勉強する必要があります。

逆に言えば、こういったマナーを学びながら稼げるので温泉地のバイトは超人気。

“いつか覚えたい”と思っていた人にとっては、大変ですがやりがいのある仕事となります。

③ 旅館での接客・マナーもハイレベルを求められる

外見だけでなく、マナーや接客などもハイレベルを求められます。

一般的なアルバイトと違って、正しい言葉遣いや立ち振る舞いをしなければいけません。

こういった所作も体が覚えるまでは大変だと感じます。

ただここでマナーを身につければ、一生役立つスキルにもなりますよね。

接客などの言葉やマナーは就職活動・就職後でも必ず役立ちます。

旅館バイトで学ぶこと
  • 和服での立ち振る舞い
  • 襖(ふすま)の開け方
  • 言葉遣い

未経験歓迎という求人を選ぶと、丁寧に教えてくれる職場を見つけることができます。

逆に”経験者優遇”などの求人は、即戦力を求められるので戸惑ってしまうかも。

参考⇒リゾートバイトって危ない?最悪の状況

温泉バイトのきついこと
  • シフトが朝早くて大変
  • 外見などのチェックが厳しい
  • 言葉遣いやマナーも厳しい

スポンサーリンク


温泉や旅館のバイトは楽しい!体験者の口コミでわかるメリット 

温泉や旅館のバイトはきつことばかりではありません。

定番のリゾバ求人だし、特に女性からの人気が高いです。

その理由は以下のようなメリットがあるからなんですね。

① 仕事終わりに無料で温泉に入れる

温泉に入る

温泉地のバイトは、バイト終わりに楽しみがあります。

それが無料で温泉に入れること。(※職場によって待遇は異なります)

https://twitter.com/simej1_o/status/1628294577772974080

しっかり働いたあとに入る温泉は格別。

多くの旅館では無料で温泉に入らるので、一日の疲れを癒すことができます。

様々な効能がある温泉に浸かれるので、美肌や疲労回復などの効果も。

こういった福利厚生も女性に人気の秘訣となります。

② 寮で生活して食費も無料!お金を稼ぎやすい

温泉や旅館のバイトはリゾバの中でも時給が高めです。

特に仲居さんは時給が高く、女性に人気の求人。

https://twitter.com/taropipipy/status/1437776750558203904

さらに時給だけでなく、寮に住み家賃や食費も不要だと一気に貯金できますよね。

なので求人を選ぶときは時給だけを見るのはもったいないです。

福利厚生で食事や寮など、どこまで従業員の負担が軽いかもチェックすると良いですよ。

夏休みや冬休みを使って、一気に稼ぎたい大学生にもオススメのアルバイトです。

③ 旅館でのバイトは同世代が多いので出会いも期待できる

恋に落ちたワケ

旅館でのバイトはリゾバで募集することが多いです。

つまり学生やフリーターなど20代が集まる。

同世代で一緒に働くので、バイト先で友達や恋人が出来やすいんですね。

その場で友達ができて、バイトが終わったあとも友達関係が続くことも多い。

もしバイト先で友達など出会いを求めているなら、温泉バイトはおすすめです。

一緒に協力して働く飲食店スタッフなどを選ぶと良いでしょう。

もしくは寮で相部屋など、誰かと一緒に過ごす住環境を選ぶのも良いですね。

逆に人間関係をできるだけ減らしたい人は、リゾバのバイトは不向きです。

接客もなく職場の人間関係も少ないアルバイトを探した方が良いですよ。

参考⇒リゾートバイトはやめとけ!やめたほうがいい人の特徴

温泉バイトのメリット
  • バイト終わりに温泉に入れる職場が多い
  • 時給が高くて短期でも稼ぎやすい
  • バイト先で友達や恋人が出来やすい

スポンサーリンク


温泉や旅館のバイトに向いている人・向いていない人

仕事内容・評判を見ると、温泉や旅館のバイトは誰にでもオススメできるわけではないことがわかります。

先ほどまでの内容のまとめを見ながら、向き不向きを確かめていきましょう。

① 旅館や温泉のバイトに向いている人の特徴

社員さんに怒られる

以下のような動機を持っている人は、温泉バイトがおすすめ。

マナーを学びたい人や、がっつり稼ぎたい人向けの仕事です。

向いている人
  • 時給が良いリゾバを探している
  • 着物や作務衣を着て働きたい
  • 仲居さんの仕事に興味がある
  • バイト終わりに温泉に入りたい
  • 住み込みのバイト先で友達を作りたい

求人を探すときは、どの温泉地に応募するかもポイントになります。

周辺地域に遊べたり、ご飯が美味しいお店があるのがオススメ。

温泉バイトの勤務地選び
  • 有馬温泉(兵庫)…神戸や大阪へのアクセスが良い
  • 草津温泉(群馬)…通年や長期の求人も多い
  • 下呂温泉(岐阜)…美肌効果の温泉に入れる。エモい建物が多い

仕事内容は同じでも、勤務地が違えば、休日の遊びやすさが変わります。

都心へのアクセスや、人気スポットに行きやすいかもチェックしましょう。

ただ休日に遊びすぎるとバイト代が貯金できないので注意。

参考⇒リゾートバイトするときの、おすすめの場所って?

② 温泉バイトに向いていない人の特徴

失恋

温泉や旅館のバイトに向いていない人もいます。

以下のような働き方を希望する場合は、相性が悪いでしょう。

向いていない人
  • リゾバで楽に働いて稼ぎたい
  • 都心に近い場所で働きたい
  • 住み込みのデスクワークを探している

無理に温泉バイトにこだわる必要はありません。

リゾバなど住み込みバイトには、いろんな仕事が求人に掲載されています。

なのであなたの希望に合った求人を探していきましょう。

参考⇒住み込みのバイトってきつい?注意事項

旅館や温泉のアルバイトはきつこともある!やりがい重視

温泉バイトはきつい?

旅館や温泉のバイトは、簡単な仕事で稼げるわけではありません。

お客様と接する機会が多いので、言葉遣いやマナーは指導を受けます。

なので『楽に稼ぎたい』という人には不向きでしょう。

ただそれでも実際は温泉のバイトは、リゾバの中でも超人気の求人となっています。

それはバイト終わりに温泉に入れたり、着物や作務衣を着れるなどメリットもあるから。

時給も高いし、やりがい重視で仕事を選んでいる人にはオススメの求人となります。

次はこちら⇒スキー場バイトの仕事内容!メリット・デメリット