バイトって今日から辞められる?

バイトを今日限りで辞めることは可能です。

条件は必要ですが、正社員ではないアルバイトなら方法はあります。

 

ただ一方的に退職したり、バックレ(無断欠勤)などはリスクがあるので辞めましょう。

今回はバイトを今日限りで辞めるときの、正当な理由や退職方法を解説します。

  • バイトを今日限りで辞める人の理由
  • バイトを即日辞めるときのNG行動
  • 辞めると伝えるときの3つの方法

 

職場との関係性や、店長の判断によりますが、今日限りで辞められる可能性はあります。

まずは他の人がどんな理由で即日に辞めることができたかを見ていきましょう。

どうしてもバイトを辞めたいとき
  • 今日でバイトを辞めたい
  • でも出勤したり連絡するのは嫌だ

こんなときは退職代行サービスを使えば、スパッと退職できます。

退職代行サービスはバイトにも対応しているので、あなたの代わりに職場に話をつけてくれますよ。

 

3万円弱の費用はかかりますが、利用すれば出勤や連絡する必要なく退職が可能。

バイトの悩みから今日中に解放されたいなら、退職代行のサービス内容を確認しましょう↓↓

公式⇒バイトを今日限りで辞めたいあなたへ!退職代行のサービス内容はコチラ

 

バイトを今日限りで辞めることは可能?即日の退職は体調不良や精神的な理由が多い

他のアルバイトはバイトを辞めるとき、何日前に伝えているのでしょうか?

平均の期間・法律上の期間に分けて見ていきましょう。

① バイト急に辞める人はいる

新しいバイトの面接

アルバイトを辞めるときは、基本的に1ヶ月前に伝えます。

なぜなら今月分のシフトが、すでに決まっているから。

 

ただ民法627条によると『2週間前に辞めることを伝えれば辞められる』としています。

なので1ヶ月我慢して働かないといけないわけではありません。

 

さらにアルバイトと雇い主の同意があれば、即日退職も可能となっています。

実際にその日に『辞める』と決めて、即日にバイトを辞める人もいます。

ではバイトを今日限りで辞める人は、どんな理由なのでしょうか?

その理由を見てみると『それなら仕方ないな』というものでした。

② バイトを急に辞める人の理由『体調不良』

体調不良でバイトを辞める

バイトを急に辞めると決断する人の多くは、やむを得ない理由を抱えています。

例えば体調不良で職場で働けない状態になってしまったとき。

体調不良の例
  • 骨折をした
  • 入院をする
  • 病気で療養する

 

このように健康に働けない状態になってバイトを辞める人が多いです。

雇い主も『それなら仕方ないね』と、双方が同意して即日退職となります。

③ バイトを急に辞める人の理由『精神的なもの』

バイト辞めたい

先ほどの怪我や病気など、目に見えるものだけが理由というわけではありません。

例えば精神的なストレスによるもの。

精神的な理由
  • パワハラを受けた
  • このままだよメンタルが病む
  • 出勤しようとすると動悸や涙が出る

 

こういった精神的な負荷でも、即日に退職する人がいます。

診断書があれば雇い主も了承してもらいやすいですね。

 

もし相手が納得してくれそうにないなら、退職代行というプロに任せる選択肢もあります。

退職代行サービスは正社員だけでなくアルバイトにも対応してくれます。

 

労働組合に携わるプロに頼めば、あなたの代わり辞める連絡や手続きをしてくれますよ。

公式⇒バイトを今日限りで辞めたいあなたへ!退職代行のサービス内容はコチラ

バイトを今日で辞める人はいる
  1. バイトは1カ月前に”辞める”と伝えるのが一般的
  2. 民法では2週間前に伝えれば辞められる
  3. お互いの同意があれば即日退職も可能
  4. 病気や精神的なストレスが原因で辞める人が多い

スポンサーリンク

バイトを今日付けで辞めるときのNG行動!病気の嘘やバックレで即日退職はダメ

アルバイトを今日辞められる可能性はあります。

ただやってはいけないNG行動というものがあるんですね。

明日以降にあなたを困らせる問題にも発展するので注意しましょう。

① バイトを辞めるとき病気など嘘はつかない!診断書でバレる

嘘を追求される

(体調不良が原因なら当日に辞められる)

そう思って病気やケガだと嘘をつくは控えましょう。

 

見た目に何の問題もなければ、『診断書は?』と聞かれるかもしれません。

それにバイトを辞めた翌日以降に、元気な姿を一度でも見られたらバレてしまいます。

 

確かに健康面の悪化は、バイトを即日に辞める理由として多い。

ですが嘘をついてまで、健康悪化を理由に使うのは辞めた方が良いですよ。

参考⇒バイトが精神的に辛いのは辞める理由になる?伝えるときの注意事項

② バイトを辞めると勝手に決めて残りのシフトをバックレする

困った店長

(辞めると決めたから、もう職場のことなんてどうでもいいや)

そう思って自己判断で『今日から行かない』と決めてバックレるのもダメ。

 

職場の人が連絡もなく欠勤すれば、『事故や事件に巻き込まれたかも』と心配します。

電話がかかってくるし、親や学校への連絡に発展するかもしれません。

 

今までお世話になった職場で信用が0になるのも、いい気分ではありませんよね。

なので気まずいからといってバックレなどをするのは辞めましょう。

参考⇒バイトを辞めるまで気まずい!残りのシフトの過ごし方

バイトを即日辞めるときのNG行動
  • 病気やケガをしたなど嘘をつかない
  • 連絡せずバックレるのもダメ

バイトを今日限りで辞めたいとき!即日退職するための伝え方

最後は今日限りでバイトを辞めたいときの、職場への報告の仕方を見ていきます。

お互いの同意があれば即日退職も可能。

つまり相手をどのように説得するかが重要になってきます。

① バイト先まで出向き『今日で辞めさせてください』と伝える

辞めさせてください

職場まで向かい、店長に直接お願いする方法が定番です。

店長に声を掛け『今、お時間大丈夫でしょうか?』と聞きます。

 

そして以下のような例文を参考に、バイトを辞めたいことを伝えましょう。

『(理由)のため今日限りで辞めさせていただきたいと考えています。急な連絡になって大変申し訳ございません。』

 

誠意を見せるという点では、直接伝えに行くのが良いですね。

参考⇒バイトを辞めるときの切り出し方!切り出すタイミング

② 店長にメール(LINE)や電話で”バイトを今日で辞めます”と伝える

バイトがキャンセルになった

  • 今日は店長が出勤しない日だ
  • 直接伝えるのは勇気がいるなぁ

そう思ったらLINEや電話などで辞めたいという意志を伝えましょう。

 

メールなら何度も文章を考えて書き直すことができます。

お忙しい中、申し訳ありません。 (理由)なのでアルバイトの継続が困難と判断し、今日でアルバイトを退職させて頂きたいと考えております。本来であれば直接ご報告すべきですが、メールで連絡することになり申し訳ございません。

 

ただメールやLineだと相手がすぐに気づかない可能性もあります。

無断欠勤かと思い仕事終わりにスマホを見てから、こちらのメールに気づくこともあるでしょう。

 

なのでできれば確実に相手に伝わる方法を取りたいところです。

参考⇒バイトを辞めるけど店長がいない!?店長に会えないときの伝え方

③ どうしても今日限りでバイトを辞めたいときは退職代行が良い

人手不足で辞められない

  • 直接、店長に伝えるのは怖い
  • “辞めないで”と説得させられそう

こんな風に伝えるのが不安なら、プロに頼むという選択肢もあります。

 

退職代行サービスを使えば、アルバイトでも辞めることが可能。

ただ民間企業で素人が代行しているサービスを使うのは危険です。

 

翌日以降にお店から電話がきたり、手続きに不備がある可能性があるからです。

退職代行サービスに頼むなら労働組合法人で確実に即日退職するのが安全です。

参考⇒バイトを今日限りで辞めたいとき!退職代行サービスを見る

 

バイトを今日限りで辞めることは可能!お互いの同意が必要

バイトって今日から辞められる?

バイトを今日限りで辞めるにはいくつか条件があります。

バイトを辞めるときは1カ月前から事前に伝えるのが一般的。

 

ただお互いの同意があったり、退社代行サービスに頼めば即日退職も可能です。

どうしても今日でバイトを辞めたいときは、店長を説得する勇気を持つこと。

 

もしくは退職させるプロにお願いする必要があります。

参考⇒バイトを退職代行サービスを使って辞める手順や利用者の感想