ポスティングのアルバイトをしている

なんか楽なアルバイトってないかなぁ

そう思ってタウンワークやバイトルを見て「良さそう♪」と思い応募したのがポスティングバイトでした。

今回はそんなポスティングバイトの良いところについて当ブログで解説します。

 

ぶっちゃけ個人的には楽なバイトでした。

ただ誰にでもおすすめできるアルバイトではありません。

 

実際にやって楽だったことやメリット、どんな人向けかについてお話ししますね。

あなた自身に合ってるかを確かめながら読み進めてください。

スポンサーリンク

ポスティングのバイトで楽すぎと感じた瞬間

何も知らないまま新しいバイトを始めるのって勇気がいること。

漠然としたイメージだけだと、不安になることもありますよね。

 

そこでポスティングバイトの実情や、働いて感じた率直な感想をお話しします。

私個人の体験談が中心ですが、ポスティング経験のある人が一般的に言っている声も参考にしています。

① ポスティングは仕事内容が簡単すぎる!教えてもらう&覚える時間がない

ポスティングの配布物

まず最大の特徴は仕事内容がシンプルすぎること

バイトをする前に一応、地図の見方だったりチラシの配り方などは教わります。

 

でもそんなことって教えてもらわなくても、わかりますよね?

その日から即戦力として働けるのは、他のバイトにはないメリット。

参考⇒覚えるのが楽なバイトで簡単な作業が続く仕事

 

先輩の足を引っ張ったり、怒られたりする心配もありません。

(※チラシ禁止と書かれてるポストにチラシ入れないのは大前提だけど…)

 

さらにバイト先に土地勘がある場所を指定されると、仕事はさらにラクになります。

地図をパッと見ただけで、どこに配ればいいかわかる。

「こんなラクにお金もらっていいの?」って思ってしまいました。

ポスティングバイトの楽なところ① 仕事内容がカンタンなので初日からすぐスムーズに働ける

② 人間関係がないので精神的にも楽なバイト

一匹猫

接客がないという特徴もポスティングバイトのメリットであり、楽なところでもあります。

酔っ払い客の相手・高圧的な上司・ネチネチ文句を言うクレーム客

こんな職場での人間関係のストレスを感じる必要はありませんでした。

 

仕事が簡単なことも関係してると思います。

その日に覚えられる仕事だから、先輩に怒られたり後輩のフォローをする必要もないので。

参考⇒接客なしのバイト20選!マイペースに働けるバイト選び

 

ただポストにチラシを入れる時に住民と鉢合わせするときがあります。

そのときは『こんにちは。お時間あるときにご覧ください』と元気よく言っていましたね。

(↑鉢合わせ自体は滅多にありませんが…)

ポスティングバイトのメリット② 精神的なストレスがない!人付き合いが少なくて楽

③ 散歩好きにとってポスティングは楽しい

イヤホン

普段から歩くのが好きだったり散歩が好きな人は、ポスティングバイトに苦痛を感じません。

趣味でやっている散歩のついでにチラシを入れる。

これだけでバイト代を稼げるんだから、罪悪感すらありました(笑)

 

地元で土地勘があるとポスティングバイトは楽ですが、知らない土地を歩くのも楽しいです

「今度プライベートで行こう」とか「将来はこういう場所に住みたいなぁ」と考えながらチラシを入れていました。

 

注意したいのはイヤホンで音楽を聴くことですね。

ポスティングバイトを募集する会社によって変わりますが、仕事中のイヤホンを禁止している場合があります。

それにもしマニュアルの禁止事項に『イヤホン』について書かれてなくても、雇う側からしたら良い印象はないはず。

 

私は後からグチグチ言われるのが嫌だったのでイヤホンはつけませんでした。

ただ頭の中では歌ったり、考え事しながらチラシを配ってましたけどね。

ポスティングバイトの良いところ③ 散歩好きなら仕事も楽しく続けられる

④ 他のバイトとの掛け持ちも楽!歩合や日払いを選べば効率的に稼げる

短期バイトを掛け持ちする

他のバイトとの掛け持ちをするときも楽だと感じました。

飲食店や接客業は『週3日から』とか『夜間募集』とかシフトが固定されます。

 

でもポスティングバイトは単発で募集してる会社も多いんですね。

だから今月ゲーム買うから1日働こうとか、来週はヒマだから働こうとスケジュールを柔軟に決めることができます。

 

休みができやすい&出費が多い時期は重宝しますね。

年末年始とか春休みはポスティングバイトの求人も多いので、採用されやすかったです。

 

あと会社によっては『配る時間帯が自由』なところもあります。

まあでも夜は視界が悪いし住民の人に怪しいと思われやすいので昼に配っちゃった方が無難ですけどね。

 

ぶっちゃけるとバイト代という点ではポスティングバイトはコスパが悪いです。

働く時間とバイト代を考えると割りに合わないと思うこともありました。(歩合だと1枚2円とかなんで)

参考⇒ポスティングで稼げる求人の探し方と注意点

 

ただ仕事も楽だし人間関係も楽なのでトータルで見るとバランスはとれます。

掛け持ちとしてポスティングバイトのメリットを活用するのはアリでしたよ。

ポスティングバイトの良いところ④ 掛け持ちするときのスケジューリングも楽

⑤ ポスティングバイトはダイエットにも!自転車なら楽に痩せる

ダイエットにもなるアルバイト

ポスティングバイトは交通手段がいろいろあります。

エリアによって徒歩もあるし自転車もあるし車で移動することも。

その中で徒歩や自転車でチラシ配りをすれば、運動量も増えるので勝手に痩せることができます。

 

先輩とかだとランニングやサイクリングみたいな恰好でポスティングバイトをしてる人もいました。

(服装も基本自由なのでウェアみたいな恰好でした)

 

運動不足だとポスティングバイト初日は筋肉痛になるかもしれません。

ただ何日か働くと代謝もよくなって、有酸素運動で健康的なダイエットができます。

ポスティングバイトのメリット⑤ ダイエット目的でも楽に痩せられる

スポンサーリンク

ポスティングは楽で狙い目のバイト!向いてる人の特徴

最後はポスティングバイトに向いてる人についてお話しします。

先ほどの楽なところメリットを踏まえると、以下の3つの人にオススメできます。

①年齢が若い人or体力がある人!大学生やフリーターにオススメ

靴紐を結ぶ大学生

ポスティングバイトが楽だと感じるのは最低限の体力があってこそです。

60代のおばさんがポスティングバイトをしても『楽だ』とは感じないでしょう。

でも学生や10代~30代なら、体への負担も感じることなく働くことができます。

 

先ほど言ったようにダイエットや運動不足解消をかねて働くのもあり!

若い人向けのアルバイトと言えますね。

②ポスティングバイトは真面目な人向け!仕事が簡単だからこその落とし穴

ガッツポーズをする若者

ポスティングバイトは仕事内容がシンプルなのがメリット。

でも簡単だからこその落とし穴があります。それが飽きやすいということ。

 

ポストにチラシを入れるだけ。

これだけをずーっと続けてると飽きやすいんですよね。

 

するとダラけてサボりたい欲求もでてきます。

中には誰も見てないからと、チラシを捨てるなどズルをする人もいるという話も聞きました。

 

こういった不正がないように、派遣会社によってはGPSをつけてチェックするところもあります。

ただ人の目で監視されてるわけじゃないので、不真面目な人には向いていないのも事実。

参考⇒ポスティングのチラシを捨てると措置がやばい!バレる原因

 

与えられた仕事はキチンとこなす

言葉にすると当たり前ですが、この当たり前をコツコツとできる真面目な人におすすめのバイトです。

③ 女性だとネイルOKの場合も!男性も服装を気にする必要はなし

女性が働きやすい仕事

最後は外見について。

接客業だと金髪がダメとかネイルがダメとか、タトゥーがダメとか。

 

いろいろなNG項目がありますが、ポスティングバイトは外見の条件が緩いです。

接客する必要がないので、募集要項で『髪色自由』と書かれてる場合も多い。

 

服装もあまりにも奇抜なものは考え物ですが、ある程度の融通はききます。

動きやすい服じゃないと苦労するし、通気性がないと汗でベチョベチョになりますが、基本は服装も自由。

外見で強いこだわりがある人にもオススメできるのがポスティングバイトですね。

スポンサーリンク

【結果】ポスティングバイトは楽すぎた!でも誰にでもおすすめはできない

今回はポスティングバイトの仕事内容についてお話ししました。

仕事内容はすぐ覚えられるし、人間関係のストレスもありません。

ポストにチラシを投函するバイト

ダイエットをかねたり、散歩をかねてチラシを配り歩きバイト代を貰えるから楽なのは事実です。

早く配るコツをつかめば、ハイペースでチラシをさばくことも可能です。

参考⇒ポスティングで早く配り終えるコツと時短テクニック

 

でも誰もが楽に感じるかというと、そういうわけではありません。

最低限の体力がある若い世代であること、サボったり不正をしない真面目さを持ってること

この2つはポスティングバイトの派遣する会社も求めていることだと思います。

 

それに天気が悪かったり7月8月の暑い時期だと、働く環境としては劣悪ですしね。

参考⇒ポスティングでキツイ瞬間!天気と時期は要注意

 

まあ一度、実験みたいな感覚で1日だけ働くのも良いと思いますよ。

それで楽だなぁと感じたら、掛け持ちバイトの候補としてストックすればOK。

もし嫌なコトがあれば二度と応募しなければいいだけなので。

スポンサーリンク