会いたいのに会えない

  • バイト先に好きな人ができた。
  • でも好きな人とシフトがかぶらないから会えない
  • 好きな人とシフトが合わないときは、どうやって仲良くなればいいの?

最近、バイト先で気になる人ができた。

職場に好きな人ができれば一気に楽しく働けるはず!

…だったのにシフトが全然合わないと、仲良くなりたくてもなれませんよね。

 

あなたと相手の距離が縮まらないまま、相手に恋人ができたりしたら最悪。

そうなる前に、バイト先でシフトが被らないときでもできる恋活は何があるでしょうか?

 

今回はバイト先の好きな人とシフトが被らないときの距離の縮め方を考えていきます。

『シフトが被らない=縁がない』ではありません。

 

縁とは作るもの。出会いは偶然でも二人の関係性は二人の意思から生まれます。

少しでも関係を前に進めるために、今日から何ができるでしょうか。

バイトで好きな人ができたけどシフトがかぶらないことの問題点

バイト先にいる好きな人とシフトがかぶらないから会えない。

そんな会いたくても会えないことの問題点を挙げていきましょう。

その問題点を考えることで、今日から何をすればいいか見えてきます。

① バイト先で会えないから関係が深くならない

まずは一緒にいる時間が少ないと、仲が良くなりにくいのが問題。

心理学の世界では単純接触効果というものがあります。

 

これは何度も顔を合わせると、その人の印象が良くなっていくというもの。

同じクラスでカップルになりやすいのは、この単純接触効果によるものなんです。

 

だから相手とシフトで会えないと、相手の警戒心というか緊張感が解けないんですね。

仲が良くなりにくいし、たまに会えたときに余計に緊張してしまいます。

 

なのでまずあなたがやるべきことは、好きな人とコンタクトを取ること。

詳しい方法は後でお話ししますが、直接会ったりやSNSを使うことを考えましょう。

② 相手の恋愛関係や好みなど情報収集がしづらい

相手といる時間が少ないと地味に困るのが情報収集ではないですか?

世間話をしながら相手に恋人がいるかとか探れない。

相手の好みや『こんな人は生理的に無理』なんて恋愛トークもできないわけです。

 

何気ない会話から相手の状況を知るのが難しいのが2つ目の問題点。

たまにしか会えない貴重な時間を上手に使って、相手の近況を知る必要がありますね。

どれだけ相手のことが好きでも、相手に恋人がいれば待たないといけないですし。

③ バイト先の他の人と付き合ったら最悪

考えたくないですが行動をすぐ起こさないと、相手がバイト先の誰かと付き合っちゃう可能性もあります。

シフトがよく一緒になる人と自然に仲良くなって、実は付き合ってたなんてケースは避けたいですよね。

 

なので先ほどいったようなコンタクト回数を増やすこと。

そして近況を探ったり情報収集をして恋のライバルがいないかを早く確かめる必要があるんです。

バイトで好きな人にシフトが合わない!会えないときの対処法

バイト先で好きな人とシフトが合わないとき。

会えないときはどのような対応をとればいいのでしょうか。

 

先ほどの内容から①コンタクト回数を増やす、②情報収取する

この2つに絞って対処法を考えていきます。

好きな人のシフト傾向を読んで合わせる

まずは次回以降のシフトから、相手と一緒の曜日に働ける努力をします。

相手の出勤日から、曜日や時間帯などの傾向を知れますよね。

そこから『この曜日は出勤しない、この曜日はほぼ出勤する』という傾向に合わせていきます。

 

ポイントは完全に一致させないこと。

シフトが全く同じで希望を出すと周りに変に思われてしまいます。

 

それよりも相手が必ず出勤する曜日を合わせる方が自然。

1カ月の出勤数の3分の1くらい会うペースを目安にすると、周囲にバレにくいです。

 

あとは帰る時間帯を揃えるのもコツですね。

偶然を装って帰る時間帯を同じにすれば、一緒の電車にのって会話するチャンスも出てきます。

連絡先やSNSは簡単に聞ける

会えない日に相手とコンタクトを取りたいときのために、連絡先は聴いておきたいですよね。

ただ直接、好きな人だけに連絡先を聞くのは不自然です。

 

そこで効果的なのがグループLineを作ること。

理由は何でも構いません。

 

アルバイト同士で急にシフトを変えたいときの連絡網とか。

もしくは忘年会や新年会のスケジュール調整とかでもグループLineがあると便利ですよね。

 

バイト中に直接、『連絡先教えて』というのは急すぎます。

それよりも何か理由をつけて、他の人とグループLineを作る。

そうすれば気になるあの人もグループLineに参加することになるので、連絡を取れるようになります。

どうしても会いたい日の理由作り

バイトのシフトがどうしても合わないときはどうすればいいか。

たまにしか使えない手段ですが、いくつか理由を作ってバイト先を訪ねることはできます。

 

例えばお土産を渡すとか。

好きな人の出勤日にバイト先へ行き『買いすぎたので皆さんでどうぞ』と渡しに行きます。

 

大きい箱ではなく個別で包装してるものの方がオススメ。

1人1人に渡せるので、好きな人にも渡すことができますよ。

 

毎週使える作戦ではありません。

ただたま~に使うなら自然に、相手の出勤日にバイト先へ行く理由ができます。

 

あとは好きな人が出勤する時間帯に、バイト先をウロウロするくらいですね。

買い物でもいいし、友達と一緒に遊んでもいいし。

確実ではないけど、偶然会えればラッキーかなと。

たまにシフトが合った日の情報収集

たまにシフトが一緒になって、同じ時間を過ごせるとき。

そのときにしたいのが情報収集ではないでしょうか。

  • 相手に恋人はいるのか
  • どんな人が好きなのか
  • どんな人は嫌いなのか

好きな人と距離を縮めたり付き合うためには、相手を知る必要がありますよね。

休憩時間や世間話をするときに使えるのが自己開示という方法です。

 

自己開示とは言葉の通り、自分をさらけ出すこと。

人は相手がさらけ出した分までしか、自分のことを話しません。

だから相手が話しやすいように、まずはあなた自身が自分のことを話す必要があります。

 

恋人がいるか聞きたいとき

前の休みはずっと家でゲームしてました。〇〇さんは休みの日って何してるんですか?

 

どんな人が好きか聞きたいとき

芸能人の〇〇ってタイプなんですよね。好きな芸能人とかいます?

 

こんな感じで先に自分が好きだけ話す。

その後で相手に質問すると答えやすくなりますよ。

 

休憩時間やみんなで世間話をしているときでも、チャンスがあれば実践してみてください。

仲がいい別の友達に聞いて、周りにも聞いていく流れを作ってもいいですね。

バイト先で好きな人とシフトが被らないときはまずコンタクトを増やそう

会いたいのに会えない

今回はバイト先に好きな人ができたけどシフトが被らないから会えないときの対応についてお話ししました。

まずは相手とのコンタクト回数を増やすことを目標にしましょう。

 

今までの相手のシフトの傾向から、週に1度は会えるように、あなたのシフトを調節していきます。

あとは帰る時間を揃えるようにしたりすると、電車で一緒に帰るチャンスも出てくるかもしれません。

 

たまに会えたときは自己開示のテクニックを使って、相手の近況を知りましょう。

あなたから正直に話すことで、相手に恋人がいるかなど情報を仕入れていきます。

 

好きな人とシフトが被らない状態は、恋愛で言うとまだ何も始まったいないのと同じ。

まずスタートラインに立つためにも、シフトやSNSでコンタクトを取れるように持っていくこと。

あとは世間話から相手の恋愛事情を知って、アプローチをしていいのかのタイミングを知りましょう。