バイトルって有名だけど、本当に使って大丈夫?

 

CMでもよく見かけるバイト求人サイト『バイトル』

でも有名だからと言って、本当に使う価値がある求人サイトとは限りませんよね?

 

そこで今からバイトルの特徴や使い方を解説していきます。

評判の中でも良い口コミと悪い口コミの両方を見れば、ほかの求人サイトとの違いや注意点がわかってきますよ!

バイトルは怪しい?サイトの特徴について

目黒区のビル

バイトルとは求人サイトの名前のことで、運営会社はディップ株式会社。

従業員が1000人以上いる立派な会社です。

最近だと乃木坂46のCMで有名になりましたね。

 

そんなバイトルの特徴は、求人数が多いこと。

知名度が高いので、多くのお店がバイトルで求人募集をしています。

 

なのでバイトルでは短期バイトから外国人求人まで、幅広い求人が見つかります。

求人数が多いので扱っている職種も250を超えるほど。

実績という点では他の求人サイトより優れていますし、安全性という面では問題ないと考えられます。

バイトルの評判!良い口コミからわかる3つのメリット

バイトルは知名度が高い求人サイトですが、他の求人サイトと違う点が3つあります。

良い口コミや評判を見ると、次の3つに魅力を感じた利用者が多いことがわかりました。

① バイトルのスカウトメールの評判

珍しいのがバイトルのスカウトメールという制度。

通常は私たち利用者が求人を探してバイトに応募しますよね?

でもこのスカウト制度は逆で、企業が欲しい人材を探して、私たちに『うちで働いてください』と依頼するんです。

 

こういったスカウト機能は、あまり他の求人サイトではありません。

バイトルのような求人掲載数が多いサイトだと、いろんな仕事のスカウトが来ますよ。

別にスカウトが来たからといって、そのバイトを選ばないといけないわけではありません。

ただ自分が探していたら出会えなかった職種からスカウトがきて、バイト選びに幅ができたり、どこに需要があるのかがわかります。

②バイトルはドリームバイトの評判がいい!激レアバイトかできるかも!

バイトルだけの制度として有名なのがドリームバイトというもの。

超激レアバイトができるチャンスがある、バイトルならではの特典となっています。

(※ 2021年現在はコロナにより中止)

以前に会ったものだと有名アーティストへのインタビューや、人気番組の観覧のバイト。

そういった有名人に会えるようなバイトもあり、日給は3万円で交通費も支給されます。

 

もちろんドリームバイトは誰もが羨む求人なので、倍率は高いです。

ただ落選したとしても、良い思い出になったと利用者の満足度は高め。

他のバイト求人サイトでは考えられない求人内容があるのかドリームバイト。

このドリームバイトに魅力を感じる利用者も多かったです。

③バイトルは見学など、バイト選びに失敗しない工夫をしている

個人的にバイトルを使う一番のメリットが『職場の雰囲気がわかりやすいこと』

バイトルは利用者がバイト選びに失敗しないように、求人募集にいろんな機能をつけてくれているんですね。

 

例えば職場の雰囲気がわかるように30秒の動画が掲載されています。

それ以外にも職場の制服を紹介していたり、年齢層や男女比などが一目でわかるパラメータも完備。

さらにバイトルには『しごと体験』や『職場見学』といった、職場を生で確認できる制度もあるんです。

働いてから『こんな職場だと思ってなかった』とガッカリするのって嫌ですよね?

バイトルにはそういったバイト選びに失敗する人がいなくなるような、細かい制度がありました。

 

バイトルの評判からわかるメリット
  1. スカウト制度がある
  2. ドリームバイトには夢がある
  3. 職場の雰囲気がわかるようになっている

バイトルの評判!悪い口コミから見えてくるデメリット

バイトルは知名度もあり、他の求人サイトでは行き届いていない気配りがある求人サイト。

でもそんなバイトルですが、完璧な求人サイトというわけではありませんでした。

 

実際にバイトルを利用してネガティブな評価をした利用者もいます。

悪い口コミから、バイトルを利用する時に、どういった点に注意すればいいか確認していきましょう。

① バイトルには入社祝い金がある求人が少なすぎる

バイトルは求人数が多いのですが、実際に探していくと欠点が見つかります。

それがお祝い金をくれる求人がほぼないこと。

お祝い金とはバイトに採用されたお祝いとして、働く前にお金をもらえる制度のことです。

会社側がお祝い金を用意してくれているケースはありますが、バイトル自体にはお祝い金制度はありません。

 

なのでお得度で言うと、お祝い金が5000円~1万円もらえるマッハバイトの方がお得。

参考⇒マッハバイトのお祝い金の仕組みは?本当にもらえる?

 

お祝い金の手順は複雑ですが、お祝い金が3万円もらえるアルバイトEXを使うという方法もあります。

参考⇒アルバイトEXのお祝い金の手順は複雑?

 

全く同じ求人がバイトルとマッハバイトであったとしても、バイトルで採用されたらお祝い金0円。

でもマッハバイトから応募して採用されたら1万円もらえるんですね。

 

だからバイト探しは、まずお祝い金がもらえるマッハバイトを使うのがオススメ。

マッハバイトで良い求人がなかったときに、求人数が多いバイトルを使いましょう。

参考⇒マッハバイトの口コミってどう?利用者の本音

 

② バイトルの求人は偏りがある!単発など日雇いは充実してるが…

Twitterの口コミ

バイトルは多くの職種や求人が掲載されています。

でも、だからといって利用者が希望する求人が必ず見つかるかと言うと話は別。

バイトルを使ってみるとわかるのですが、求人情報に偏りがあるんです。

例えば単発バイトなど日雇い系の求人数が多いけど、正社員登用のバイト求人が少なかったり。

10代~20代への求人は多いけど、主夫・主婦の30代向けのパート求人が少なかったり。

都心の求人は多いけど、地方にいくと同じ求人がいくつも検索結果に表示されたり。

 

このように求人数が多いけど、すべての人が満足するわけではありませんでした。

なので地方でバイトを探しているなら、タウンワークなどもチェックすることをオススメします。

③ バイトルに掲載している会社の対応が悪い

バイトルへの悪い評判で最後に挙がったのが、掲載している会社の不手際。

これはどの求人サイトでも当てはまるのですが、掲載している会社が不誠実な対応をすることがあるんです。

例えば求人募集していた条件とは全く違う条件を提示されたとか。

応募したのに電話が来ない。電話しても『担当者不在です』と言われるとか。

 

特にバイトルは人気の求人になると利用者が多いこともあって応募が殺到します。

なので企業側からしても対応しきれないケースもあり大変みたいですね。

バイトルの落ち度ではありませんが、企業側の不手際も口コミでは多かったです。

 

バイトルの評判からわかるデメリット
  1. お祝い金制度を実施する求人が少ない
  2. 中高年や地方の求人情報が少ない
  3. 企業側の不誠実な対応がある

 

バイトルの使い方を画像で解説!Web登録から面接の注意点まで

では最後にバイトルを使うときの注意点を見ていきましょう。

バイトルは求人数が多いこともあって、いろんな検索の仕方を提案してくれています。

 

その反面で、初めて使うときは、何をどうしたらいいのかわからない利用者も多いんですね。

なのでバイトルの使い方を画像で解説していきます。

① バイトルはWeb登録しなくても応募できる

まずバイトルの公式サイトにアクセスします。

サイトでもアプリでもどちらでも利用可能。

参考⇒バイトルの公式サイトはこちら

参考⇒バイトルの公式アプリはこちら

 

会員登録はしたくないなら、しなくてもOK。

会員登録しなくても、求人に応募することは可能です。

② バイトルで気になる求人をキープする

では公式サイトで実際に求人情報を見ていきましょう。

住んでいる地域のエリアで絞ったり、路線や職種からでも選べます。

単発や1ヶ月以内など働く条件を付けくわえたり、職場でバイトする年齢層から求人を探すことも可能。

まずはあなたが求める条件をどんどん入力して、求人を保存していきましょう。

バイトルにはキープ機能があるので、後で一括で求人を見返すことができます。

 

最初から1つずつ見ていくと目が疲れてしまいます。

まずは少しでも気になった求人をキープしてストックし、あとから選別していくという手順を踏みましょう。

③ バイトルならではの機能を使って求人を絞る

気になる求人をいくつもキープしたら、次からは1つ1つ吟味していきます。

ここで役立つのがバイトル独自の機能。

 

例えば職場環境のパラメータで、あなたと同世代の人がバイトしているかを確認したり。

職場の雰囲気を動画でチェックすることや、制服を確認することもできます。

こういった職場の雰囲気を知れるのはバイトルだけの強み。

しっかりと機能を使って、バイト選びを失敗しないようにしたいですね。

④ 履歴書はバイトルのアプリで作れる!写真も書き方も迷わない

バイトを選びながら、同時並行で進めたいのが履歴書の作成。

ただ応募するごとに履歴書を手書きで書いたり、書き間違えたら一から書き直すのは大変ですよね。

そんなときに使えるのがバイトルが用意している『バイトル履歴書アプリ』

アプリで履歴書を作成できるので、必要に応じてコンビニでプリントアウトすればOK。

これなら履歴書の作成に手間をとられずに、バイト選びに集中できるのでオススメです。

⑤ 求人に応募しよう!どれくらい連絡を待つ?

気になる求人を1つ選んだら、勇気を出して応募します。

サイトの『応募する』を選ぶと、記入フォームへ移動できます。

 

記入すること
  • 氏名
  • ふりがら
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 生年月日
  • 現在の職業
  • 性別

 

応募すれば、あとは企業側から面接などの連絡が来るのを待ちましょう。

ただバイトルは人気のアプリなので、応募が多いと連絡が遅くなったり、担当者が忘れるケースもあります。

 

だいたいは応募して『2~3日以内』で連絡がくるもの。

なので応募して1週間経っても連絡がこないときは、確認の電話を入れることも検討します。

 

まずは迷惑メールに返信メールが入っていないかを確認。

さらに記入したメールアドレスや電話番号が間違ってないかもチェックします。

問題がなければ応募した会社に電話して状況を聞きましょう。

 

「WEBで応募した○○と申します。アルバイトの選考状況を教えていただけないでしょうか?」

これで選考が進んでいるのかを確認できます。

⑥ バイトルで応募した企業に面接に行くときの持ち物

応募した会社から選考の連絡があれば、次はいよいよ面接です。

そこで最後に面接に持っていくと安心な持ち物をチェックリストにしてみました。

面接前日は以下のチェックリストを参考にしてください。

 

持ち物リスト
  • 履歴書
  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 筆記用具
  • 腕時計
  • スマートフォン(ストラップは外す)
  • メモ帳
  • スケジュール帳
  • ICカード、現金
  • 通帳・キャッシュカード
  • 常備薬
  • ハンカチ
  • 折り畳み傘
  • 手鏡
  • 口臭予防グッズ
  • その他…会社に指定されたものがあれば

 

これらを準備しておくと、面接当日に何か問題が起きても安心して対応できます。

面接当日は少し早めに家を出ましょう。

初めて行く場所なら迷ってしまう可能性もあるので。

バイトルには良い評判も悪い口コミもあった!20代までならオススメ

今回はバイトルの評判や特徴・使い方について紹介していきました。

バイトルは求人数が多いので、いろんな職種を見つけることができます。

 

ただ30代以降の求人や地方の求人は少なくなるので注意。

そしてお祝い金がないので、まずはお祝い金がもらえる求人サイトから使うことをオススメします。

参考⇒マッハバイトのお祝い金をもらう手順と金額

参考⇒アルバイトEXのお祝い金が複雑すぎて詐欺レベル

 

求人を探すときは、気になった求人をキープしていくこと。

そして後から30秒動画や制服などを見て、職場の雰囲気があなたに合っているかを確かめてください。

履歴書もバイトルの履歴書アプリを使えば、手書きで何枚も作る手間は省けます。

 

このようにバイトルは便利で求人数が多いですが、誰にでも勧めることができるサイトではありません。

まずはお祝い金がもらえる求人サイトでバイトを探す。

もし求人がものたりなかったら、バイトルで自分に合った求人がないか探していきましょう。

参考⇒バイトルの公式サイトはこちら

参考⇒バイトルの公式アプリはこちら