マッハバイトで採用されないときは原因があります。

採用されたらお祝い金がもらえるのに、面接に受からないとモヤモヤしますよね。

 

そこで今からマッハバイトで採用されにくい人の共通点や対策をお話しします。

採用が決まった後にお祝い金をもらう手順についても画像付きで解説していきますね。

マッハバイトで次に応募する職場で、採用を勝ち取るために何が必要なのでしょうか?

スポンサーリンク

マッハバイトで採用されない原因

マッハバイト経由で応募しても、採用されない人はいます。

採用されたらお祝い金がもらえるからこそ、不採用になるとガッカリしますよね。

そこでまず、マッハバイトで採用されにくい人の原因を見ていきましょう。

マッハバイトならではの原因と、面接でネガティブに働くNG行動の両方があります。

① マッハバイトの利用規約に違反している

まず最初に当てはまっていないか確認したいのが、マッハバイトの利用規約。

利用規約に反した使い方をしていると、マッハバイト側から対処されている可能性があります。

例えばお祝い金だけを目的にマッハバイトを悪用している人は、マッハバイト運営会社も目を光らせていました。

利用規約の禁止事項
  • 短期間に応募と退職を繰り返す場合
  • 継続勤務の意思がないと当社が判断した場合
  • 虚偽の内容で申請をした場合
  • 不正の意思をもって申請した場合

 

こういった利用規約に違反した使い方をしていると、採用されない可能性も出てきます。

マッハバイト自体は安全性が高いサイト。

 

なので昔から利用している場合は、これまでのマッハバイトの使い方に問題がなかったかを思い出してみましょう。

参考⇒マッハバイトマッハバイトの口コミっは?怪しいと噂のサイトを評価

 

② 履歴書の不備があると採用見送りになりやすい

マッハバイトで応募をすると、次は面接をしますよね。

この面接時に提出するのが履歴書になりますが、この履歴書に不備があると不採用の確率を上げてしまいます。

 

なぜなら店長は履歴書に不備があると『仕事中もミスが多いのでは?』とか『熱意がない?』と疑うんですね。

なのでまずはお店に提出する履歴書にミスはないかを確かめましょう。

 

下記のチェック項目に1つでも当てはまると、それだけでマイナスの印象を与えてしまいます。

履歴書のチェック項目
  • 写真が貼っていない
  • 写真の表情が暗い
  • シワや折り目・汚れがついている
  • 記入漏れがある
  • 志望動機が空欄
  • 誤字脱字がある
  • 修正ペンで修正している
  • 字が汚い
  • 無職期間が長い

 

もし無職期間が長いときは、未経験歓迎の単発バイトや在宅ワークで職歴を作るのがオススメ。

『きちんと働けます』というアピールにもなりますし、良いお小遣い稼ぎになりますよ。

参考⇒単発バイトのおすすめ!1日で稼げるバイト特集

参考⇒在宅ワークのおすすめ!家でスキルなしで可能

 

③ バイトの採用・不採用はシフトで決まる?

アルバイトを面接する立場になってからわかったことが1つありました。

それは採用する側は『シフトの相性』を最優先で見ていること。

 

お店側が希望するシフトと、応募する人が希望するシフトが一致しているか。

それが採用・不採用に大きく関係しているんですね。

 

どれだけ優秀な人材でも、お店側が希望するシフトに出勤できないなら採用する理由はありません。

なので求人を選ぶときに気を付けたいのが、募集要項にあるシフトになります。

 

“土日歓迎”や”最低週3日から”など募集要項を見れば、お店側の希望するシフトがわかります。

そのシフトを満たせる自信があるときだけ応募するようにしましょう。

 

『シフトは合わないけど、このお店で働きたい』と自分の都合を優先すると採用されにくいです。

特に人気の求人だと、お店側は多くの応募者から選べるのでシフトが合わないと厳しいですね。

 

なので求人を絞るときは、”シフトの一致度”に注目しましょう。

参考⇒バイトに何度も落ちる!面接に落ちまくる理由と解決策

 

④ 採用しづらい状況ではないか?

シフト以外にもお店側が採用しづらいケースはあります。

例えば採用してもすぐ退職する可能性が高い場合。

 

例えば高校3年生や大学4年生だと、採用しても1年も経たずに辞めてしまう可能性が高いですよね。

そうするとまた新しく新人を募集して育成する必要があるので、お店側としては採用を渋ってしまいます。

 

なので短期間でしか働けない場合は、求人選びを工夫する必要があります。

長期契約ではなく短期を希望する求人に応募することで採用されやすくなりますよ。

参考⇒大学4年の就活後も歓迎されるバイト!おすすめの探し方

 

⑤ アルバイトの面接で採用されにくいNG言動

アルバイトの面接では『シフト』と『長期で働いてくれるか』を見ているという話をしました。

なので普通に受け答えをしていれば、面接の言動が採用・不採用に繋がることはないです。

最低限のマナーを守れていればアルバイトとしては問題ないので。

 

ただこの『最低限のマナー』が守れていない場合は話は別。

次のチェック項目に当てはまっていれば、面接官にネガティブな印象を持たれてしまいます。

面接でのNG行動
  • 面接時間に遅刻する
  • 挨拶ができない
  • 足を組む
  • スマホを触る
  • 貧乏ゆすりをする
  • 服装がだらしない
  • 服や髪型に清潔感がない
  • 無精ひげ
  • 目を見て会話をしない
  • 声が小さい
  • 早口すぎる
  • (飲食店の場合)香水をつけている
  • (飲食店の場合)ネイルをつけている

 

共通するのはお客の前でされたら困ること。

面接時に態度が悪いと、『お客の前に出せないな』と判断され不採用になります。

コツとしてはいつもより少し大きな声で、少しゆっくり話すことですね。

マッハバイトで採用されない原因
  • 過去に利用規約に違反した
  • 履歴書に不備がある
  • シフトが合わない
  • 長期で働けないと判断された
  • 面接のNG行動をしている

スポンサーリンク

マッハバイトで採用されにくい人を卒業するために

では次にマッハバイトで採用されるために、何を心掛けるといいかを見ていきます。

『①求人の選び方・②第一印象・③面接での受け答え』を押さえれば、採用をグッと引き寄せることができますよ。

① マッハバイトで採用されやすい求人の選び方

先ほども言った通り、求人を選ぶ時はまずシフトの相性に注目します。

募集要項でお店側が希望するシフトと、あなたが出勤したい曜日が一致しているかを確かめましょう。

シフトの一致度が高ければ高いほど、面接時に好印象をもたれます。

 

あとは仕事が簡単なバイトや、”急募”といった人材不足に悩んでいる職場も採用されやすいですね。

詳しくはこちらの記事でもお話ししています。

参考⇒受かりやすいバイトは時期に注目!おすすめの探し方とランキング8選

 

② 面接当日までに第一印象を整える

マッハバイトで応募すれば面接の日にちを決める連絡があります。

その面接日までに準備したいのが、第一印象。

 

第一印象ではマイナス要素を消すことを心がけましょう。

正社員とは違いアルバイトの面接なので、『この人はダメだ』と判断されなければ採用されやすくなります。

第一印象では『履歴書・見た目』の2つに分けて準備を進めていきます。

履歴書のチェック項目
  • 写真が貼っていない
  • 写真の表情が暗い
  • シワや折り目・汚れがついている
  • 記入漏れがある
  • 志望動機が空欄
  • 誤字脱字がある
  • 修正ペンで修正している
  • 字が汚い
  • 無職期間が長い

 

履歴書については字はキレイである必要はありません。

ただ丁寧にゆっくりと書いて、『汚い字』でなければOK。

 

履歴書を書いたあとは、折り目がつかないファイルに保管しましょう。

100均で折り目がつかないファイルが売られているので、それに履歴書を入れておくと安心です。

 

見た目について迷ったら、応募したバイト先にお客として来店することをオススメします。

働いている従業員さんを見れば、髪色やメイクなど、どこまでが許容範囲なのかがわかるからです。

 

服装も迷ったらシャツとチノパンなど、そのまま出勤しても問題ないようなファッションを選びましょう。

マイナス査定にならなければいいので、無難を選んでおけば大丈夫です。

 

③ アルバイトの面接力を上げる方法

勉強に関するアルバイト

面接でのNG行動は先ほどお話しした通り。

面接でのNG行動
  • 面接時間に遅刻する
  • 挨拶ができない
  • 足を組む
  • スマホを触る
  • 貧乏ゆすりをする
  • 服装がだらしない
  • 服や髪型に清潔感がない
  • 無精ひげ
  • 目を見て会話をしない
  • 声が小さい
  • 早口すぎる
  • (飲食店の場合)香水をつけている
  • (飲食店の場合)ネイルをつけている

 

もし不安なら、面接の練習をすることをおすすめします。

練習方法は簡単で、自宅で面接の受け答えをして、その様子をスマホで撮影するだけ。

 

スマホ越しで、面接の練習をしている自分の姿を見ることで、客観的に判断することができます。

『思ってたより声が小さい』とか『聞き取りづらい』など、スマホで撮影しないとわからないこともありますよ。

 

あとは面接の入室や退出のマナーを予習しておきましょう。

下記の動画は就職活動用ですが、アルバイトの面接にも応用できます。

マッハバイトで採用されるコツ
  • シフトの相性が良い求人に応募する
  • 第一印象ではマイナス要素を消す
  • 模擬面接をスマホで撮影して練習する

スポンサーリンク

マッハバイトで無事に採用されたら何をすればいい?

最後はマッハバイトで採用されたら何をすればいいかについて。

マッハバイト経由で採用されたら、①お祝い金の申請と②バイト初日の準備をします。

① マッハバイトのお祝い金の申請をする

お祝いのお金

マッハバイト経由でバイトに採用されたら、お祝い金をもらいましょう。

対象求人に応募したらもらえるので、申請しないと損になります。

採用が決まったら、下記のリンクから申請フォームへ移動。

公式サイト⇒マッハバイトのボーナス申請フォームはこちら

 

あとはメールが届くので、そのメールにあるURLから口座設定をすればお祝い金が振り込まれます。

口座設定を間違えるとお祝い金がもらえないので、正確に入力しましょう。

参考⇒マッハバイトの祝い金の仕組みは?ボーナスが嘘か確かめてみた

 

② アルバイト初日の準備をする

次はアルバイト初日の準備をします。

初日に必ず必要なのは挨拶と持ち物のチェック。

 

挨拶については凝る必要はありません。

緊張するかもしれませんが、最初から何を言うかを決めても大丈夫です。

挨拶の例
「はじめまして。今日からアルバイトでお世話になる〇〇と申します。早く仕事に慣れるように頑張りますので、よろしくお願いします。」

 

バイト初日に用意しておくと便利なのがメモ帳。

最初はわからないことだらけだし、先輩に質問することも多いはずです。

ただ全ての仕事内容を1回聞いただけで覚えるのは不可能ですよね。

 

そこで活用できるのがメモ帳になります。

教えてもらった仕事すべてを、まずメモ帳に覚えさせます。

 

そうすれば記憶に定着するまでメモ帳を見返すことができるので、仕事を覚えるスピードが速くなります。

(飲食店など料理名を覚えないといけないときは、スマホでメニュー表を撮影するのもオススメ)

採用されたら何をする?
  • お祝い金の申請をする
  • バイト初日の準備をする

スポンサーリンク

マッハバイトで採用されないのはワケがある

マッハバイトは悪質なサイトではないので、採用されないのには原因があります。

その原因を取り除けば、自然と採用される可能性も高くなり、お祝い金をGETできます。

 

まずはアルバイトの面接で採用されにくい人の共通点を知り、対策を練りましょう。

シフト・履歴書・面接に問題がなければ、アルバイトで不採用になる確率は減らせますよ。

参考⇒楽して稼げるバイトの探し方!コスパが良いバイト