キッチンバイトは楽しい

  • 厨房で料理補助のアルバイトをしたい
  • キッチンバイトって楽しいの?
  • キッチンバイトってどんな仕事をして、どんなメリットがあるの?

 

私自身、人生初のキッチンバイトをする前は不安がいっぱいでした。

でも実際に働いてみると、『このバイトをして良かった』と思うことが今でもあるんですね。

 

今回はキッチンバイトの楽しいところを”あるある”と”私の体験談”をお話しします。

最後に楽しいことばかりではない”嫌なこと”もまとめたので、あなた自身に向いてそうか確かめてください。

スポンサーリンク

キッチンバイトで楽しいのは仲間とのチームプレイ

キッチンバイトの経験がある人の多くが感じるのが厨房でのチームワーク。

接客とは違ってお客さんとのやり取りはありません。

でもその分、キッチンで働く人同士のコミュニケーションはとるんですね。

 

そもそもキッチンバイトといっても、一人ひとり作る料理が決まっているわけではありません。

オーダーがあった料理を少しでも早く美味しく作るために、工程ごとに仕事が分担されています。

みんなで協力して料理を完成させていくので、連帯感があります。

 

特にランチやディナーの時間帯はオーダーが山のようにきます!

それを少人数で効率的にこなしていけたときって、すごく充実感や達成感を味わえて楽しいんですね。

厨房での絆も深まるし、「お客さんが”料理おいしかった”と言ってたよ」とホールバイトから伝えられた日は最高♪

 

このようにキッチンバイトは1人の仕事で完結しません。

だからこそチーム全体で進めていくのがバイト最大の魅力になります。

キッチンのバイトは出会いがあればもっと楽しい!陰キャや人見知りでも大丈夫?

バイト先の友達

多くの人が充実感を感じるのが『チームワーク』で、私自身もそうでした。

でも『運がよかった人』はそれ以外にも楽しい出来事があります。

それが出逢い。

 

チームワークで仕事を進めていくので、友達ができやすいのはもちろん、カップル率も高い。

これはマイナビウーマンが発表したアンケート結果ですが、出会いが多いバイトのランキングで飲食業界が上位を独占しています。

  • 1位 飲食店
  • 2位 居酒屋
  • 3位 接客業
  • 4位 カフェ
  • 5位 コンビニ
  • 6位 ファミレス

引用元 マイナビウーマン

もちろんこれは運要素が高いですが、ランキング下位のバイトよりも期待できますよね。

 

ただ自称陰キャや人見知りだとキッチンのバイトは難しくなります。

なぜなら先ほども言った通り厨房のバイトはコミュニケーションありきだから。

 

お客さんとの接客はありませんが、従業員同士が協力し合って仕事をこなしてくんですね。

なので広く浅い交流ではなく、狭くて深い交流が好きな人に向いている職場と言えます。

参考⇒飲食店バイトの向き不向きを確かめる方法

キッチンのバイトは料理を覚えるのが楽しい!料理ができない初心者や料理未経験でも応募可

キッチンのバイトは未経験でも応募できる求人があります。

一から丁寧に仕事を教えてもらえる職場や、マニュアルで簡単に取り組める職場などですね。

 

なので料理未経験の初心者でも、少しずつ料理を覚えることができます。

料理スキルはプライベートでも活用できますし、成長を実感できて楽しいですよ。

 

私自身も最初は包丁の使い方もままならないところからスタート。

料理に使われる食材を覚え、野菜のカットに慣れ、盛り付けをする。

1日に何度も反復するので、料理を覚えるのが格段に速いのもキッチンバイトの楽しかった点ですね。

 

本格的な料理は店長が行うとしても、ずっと横で見てるので自然に手順を覚えます。

オーダーにミスがあって料理が余ったときは食べられるからラッキー♪

“まかない”として自分好みにアレンジしたり、家に帰ってメニューの再現に挑戦したりしてました。

 

こういった料理スキルは、当然ですが社会人になったいまでも役立ちます。

友達を家に招待したときや、恋人を招いたときに、当時に習った1品を出すと評判が良いんですよね。

 

ただ注意したいのは、こういった経験は私が個人経営の飲食店で働いて、店長に空いた時間を利用して料理を教えてもらったから。

お店によってはマニュアル化されていたり、料理を教えてくれない可能性もあります。

 

求人の募集要項を見て『最終的にどこまで仕事をまかされるか』をチェックする必要がありますね。

参考⇒LINEバイトの評判や使い方

参考⇒バイトルの評判や使い方

 

キッチンのバイトはきついこともある?楽な店ばかりではない

ラーメン屋のバイト

  • チームワークで助け合う
  • 出会いも多い職場
  • 料理スキルが身につく

 

こんな楽しいことだらけのキッチンバイトですが、もちろん大変なコトをあります。

これが嫌ならキッチンバイトは向いていないと言えますね。

 

例えば代表的なのが、厨房の暑さ。

忙しいときは調理をしっぱなしなので、蒸気がこもって室内の温度が上がります。

 

まだ熱いフライパンを素手で触って火傷なんてことも何回かありました。

まあダイエットにはなるかもしれませんね。

参考⇒ラーメン屋のバイトって痩せる?ダイエットにもなる説

 

それに肌が弱いときに気を付けたいのが皿洗いによる手荒れ。

とくに新人時代は皿洗いをまかされることが多いのですが、洗剤が手にべっとりつくので手が荒れやすいです。

場合によってはゴム手袋やクリームなど手を保護する対策が必要になりますね。

 

それにキッチンバイト全般として仕事内容はだいたいが単純作業。

ずーっとお皿をあらって、下準備でずーっと野菜を切り続る。

目の前の作業に没頭できるタイプなら問題ありませんが、人と接するのが好きな人はホールで働いた方が良いと思います。

スポンサーリンク

キッチンのバイトは雰囲気が良い楽なお店を見つけよう!慣れるまでは勉強

 

今回はキッチンバイトの楽しいところについてお話ししました。

キッチンバイトとは?
  • 楽しいこと① チームプレイで仕事ができる達成感
  • 楽しいこと② 出会いが他の職場と比べて多い
  • 楽しいこと③ 料理スキルが上達しやすい
  • 嫌なコトもある…暑い×手荒れ×単純作業

 

せっかく働くなら楽しい仕事をして、毎日を充実させたいですよね?

でもキッチンバイトは誰がしても楽しめる仕事ではありません。

 

自分にまかされた仕事をコツコツできる人が向いています。

今回の話を聞いて、少しでも興味があったら、実際に求人を見てみましょう。

次はこちら⇒飲食店のバイトに落ちる原因や対策について