バイトの履歴書不要

たまに応募したバイト先から、『履歴書はいらない』と言われることがあります。

基本的には履歴書はアルバイトの面接で必須のアイテム。

 

ただケースバイケースで履歴書が不要のバイトもあるんですね。

今回は履歴書不要と言われたときの意味や、今後すべき準備を紹介します。

 

履歴書不要だからといって、怪しい職場なわけではありません。

ただ履歴書がいらないからと職歴や年齢など嘘をつくのは危険です。

スポンサーリンク

バイトで履歴書不要なのはなぜ?怪しい求人もある

なぜバイトを採用するかを決めるのに、履歴書が不要なのか?

『なんか怪しい会社なのかな』と不安に感じる必要はありません。

実は履歴書がいらないパターンってけっこうあるんですね。

履歴書不要の意味① バイトの面接時に履歴書を書かされる

バイトの履歴書

一番多いのはバイトの面接当日に、会社側が用意した履歴書を書くというパターンです。

履歴書といっても用紙によって記入内容は変わりますよね。

 

記入内容を統一させたいときは、採用側が履歴書を用意することが多い。

これなら採用側も具体的に聞きたい内容を、応募者に記入してもらうことができます。

 

なのでバイトの面接時も筆記用具などは持参しておくと良いでしょう。

(パソコンで記入する可能性もありますが)

履歴書不要の意味② バイト面接の選考が複数回ある

就職活動する大学生

アルバイトの面接は、基本的に1回で済ませる職場が多いです。

ただ人気の求人で応募が殺到する場合や、慎重に選考したいときは複数回になることも。

この場合は2回目以降の面接時に、履歴書を持ってきて欲しいといわれることもあります。

 

多くの人を落とす1回目の選考で、わざわざ全員に履歴書を書いてもらうのは申し訳ない。

会社側がこのように考えているなら、2回目以降に履歴書が必要になる可能性が高いです。

履歴書不要の意味③ 応募者を増やして採用が決まってから提出してもらう

発見

人柄を重視して人材を選びたいときも、履歴書不要と言われるケースがあります。

フラットな目線で採用を決めたいと採用者側が考えている場合ですね。

 

このときは面接時は履歴書不要で、採用が決まってから履歴書を提出されるように言われます。

履歴書不要だと気軽に応募できるので、応募者が増えるという狙いもあるでしょう。

 

たくさん応募してもらう⇒人柄で採用を決める⇒採用者に履歴書を書いてもらう

この流れは応募側は気軽に面接を受けられるしメリットがあると言えますね。

【補足】履歴書不要は危険?やばい会社でないかの見極め方

ラーメン屋のバイト

履歴書不要というと、とにかく人手が欲しいブラックバイトを疑ってしまいます。

ただ実際は先ほどのように面接時に記入したり、採用決定時に記入することが多いんですね。

 

さらに単発バイトなど短期の求人の場合も、履歴書が不要なので気にする心配はありません。

タウンワークやバイトルなどで掲載されている求人は安全性も高いです。

 

もし長期バイトで履歴書が一切不要の場合は、採用担当者に質問してみると良いですよ。

万が一、危険を感じたら研修中でも辞めることは可能です。

参考⋙バイトの研修中に辞めるときの切り出し方とは?即日辞めたいとき

バイト先が履歴書不要の意味見出し
  • 会社側が用意した履歴書を面接時に記入する
  • 2回目以降の選考で履歴書が必要
  • 採用が決まってから履歴書を提出する
  • 単発バイトはもともと履歴書が不要

スポンサーリンク

バイトで履歴書いらないと言われたときどうする?嘘はバレる!

では履歴書がいらないと言われた、どう対応すればいいのでしょうか。

面接当日までの準備や面接対策について見ていきます。

① 履歴書不要と書いてあったのに嘘だった場合に備えて一応持っていく?

勉強に関するアルバイト

まず最初は面接当日に持っていく持ち物の準備。

私は履歴書不要と言われても、一応持参していました。

 

もし不安な人は一応、履歴書を記入して持っていくと良いですよ。

バイトの面接で必要なもの

■必須

  • 筆記用具
  • スマートフォン(スケジュール帳)
  • メモ帳
  • 現金
  • ICカード
  • ハンカチ
  • 常備薬(ある場合)

■指定されたら必要

  • 印鑑
  • 通帳
  • キャッシュカード

■あったら便利

  • 腕時計
  • 折り畳み傘
  • モバイルバッテリー
  • 手鏡
  • 口臭対策のガム

 

面接当日の服装は学生なら制服が良いです。

高校生以外ならチノパンやシャツなど、無難な服装を選びましょう。

② バイト先で履歴書不要と書いてあるけど嘘はダメ!

年齢や職歴などで不利ににあるのが怖いとき、嘘をついてしまいたくなる気持ちはわかります。

ただ面接時に虚偽の報告をするのは絶対にダメ。

バレたら採用の取り消しなど、こちら側にデメリットがあるからです。

 

それに履歴書不要とあっても、採用時は個人情報の確認は必須。

本人確認書類などの提出でバレるので、嘘をつきとおせるわけでもありません。

③ 面接で聞かれることは履歴書に書く内容と同じ

バイトの面接

履歴書不要といっても、履歴書が何の役にも立たないわけではありません。

なぜなら面接時に聞かれることは、履歴書に書く内容と似ているから。

バイト面接で聞かれること
  • 志望動機
  • 希望するシフト
  • 職歴・バイト経験
  • 自己PR

 

こういった内容は質問される可能性が高いし、履歴書に書く定番の内容でもあります。

なので履歴書を完成させれば、面接対策にもなるということ。

 

面接当日に会社側の履歴書を記入するときも、事前に書く内容を決めていた方が混乱しません。

なので履歴書不要であっても、履歴書を作成することは面接対策に繋がるんですね。

履歴書不要と言われたらどうする?
  • 不安なら一応、履歴書を用意しておく
  • 履歴書不要でも本人確認はあるので嘘はダメ
  • 聞かれることは想定できるので事前に答えを準備しておく

スポンサーリンク

バイトで履歴書不要の場合は受かりやすい?落ちる原因

履歴書不要というと手軽に応募できるのは確かです。

でも手軽に応募できるからといって、受かりやすいわけではありません。

① 単発バイトなら履歴書不要で面接なしで受かりやすい

単発バイト

履歴書不要で受かりやすいバイトは単発バイトになります。

1日だけ働くバイトなので履歴書が不要な求人。

 

仕事内容も簡単なのですぐ覚えられるし、面接がないことも多いですね。

履歴書不要で受かりやすいバイトが良いなら単発バイトを選びましょう。

参考⋙単発バイトのおすすめ15選!1日だけコスパ最強バイト

 

② 履歴書不要でもバイトに落ちることは覚悟しておく

不採用

ただ単発バイト以外は普通に落ちることも考えられます。

履歴書不要と言っても、後で履歴書が必要になったり、面接当日に履歴書を書いてもらうだけ。

 

なのでアルバイトに受かる確率では、他のバイトと変わりありません。

もし不採用が続くときは、マイナス評価に繋がる言動を避けましょう。

 

一般的なアルバイトの選考は『シフトの相性』が最優先されます。

ただ第一印象でマイナスイメージがある場合は、例外で不採用になるんですね。

落ちるときの改善案

■外見

  • 髪色が明るすぎる
  • 服装に清潔感がない
  • 笑顔がない

■マナー

  • 座るとき腕や足を組む
  • 面接に遅刻する
  • 簡単な敬語もできていない
  • 挨拶をしない

■職歴

  • 無職期間が長い
  • 何度もバイトを変えている

 

バイト側のシフトに応じれるかは運次第です。

ただ外見やマナーは改善する余地があるし、何も対策しなければ落ち続けるかもしれません。

 

受かりやすいバイトも視野にいれながら、第一印象で誤解されないように心がけましょう。

参考⋙受かりやすいバイトは時期を見る!ランキング8選

 

バイトで履歴書がいらないと言われたからといって受かりやすいわけではない

バイトの履歴書不要

履歴書不要のバイト求人を怖がる必要はありません。

多くは面接当日に会社側が用意した履歴書を記入する流れになっているからです。

 

ただ履歴書不要だからといって嘘をつくのはダメ。

それに気軽に応募ができる分、応募者が増えるので受かりやすいわけでもありません。

 

バイト面接の準備や対策は、履歴書が必要な求人と変わりなく行いましょう。

落ちるときは第一印象で誤解を与えていないかを見直すと良いですよ。

参考⋙覚えるのが楽なバイトを厳選!覚えることが少ない簡単な作業