本屋のバイトはきつい

本屋のバイトは楽ではありません。

簡単そうに見える書店でのアルバイトですが、きついと感じることはあります。

 

今回は本屋バイトをしていて、辛いとかしんどいと感じる瞬間を紹介。

仕事内容や体験談を見ると、あなたが本屋のバイトに向いているか確かめることができますよ。

スポンサーリンク

本屋のバイトはきつい?仕事内容

本屋のバイトはきついのか。

仕事内容をみて、働いている自分をイメージしてみましょう。

 

書店によって微妙に仕事内容は変わりますが、共通している仕事もあります。

それぞれの仕事に必要なスキルなども一緒に見ていきますね。

① 本の品出しや整理は体力が必要

書店員

本屋のバイトのメインとなる仕事は、書籍に関するもの。

入荷した本を並べたり、本を移動させたりする仕事になります。

書籍関連の仕事
  • 新書の品出し
  • 本の移動
  • 本に付録を付ける
  • 本棚を整理する

 

雑誌や少年誌などは、毎日のように新しく発行されます。

開店前までに新しい本を目立つ場所に並べるのが最初の仕事。

 

重い本を移動させるので、意外と力仕事になります。

また古本屋だと、これらの仕事に加えて買取査定もあります。

 

本だけでなく中古ゲームやトレーディングカード・DVDの査定を行うんですね。

買取査定となると幅広い知識も必要になります。

② 本屋という空間を保つ仕事!掃除や陳列・POPなど

清掃バイト

本をただ並べているだけではお客さんの購買まで繋がりません。

 

居心地がいい本屋を作ったり、陳列をしてきれいな状態を保つのもアルバイトの仕事。

人気書のPOPを作成したり、『書店員のおすすめコーナー』などを作る店舗もあります。

 

このような仕事をするのだから、キレイ好きな人が向いているんですね。

整理整頓が好きな人の方が、仕事中に苦労を感じずにすみます。

③ お客様対応も仕事で多い!コミュ力が必要

コンビニでアルバイト

本屋のバイトではお客様対応も外せない仕事となります。

レジはもちろんですが、『○○の本ってどこにあるの?』など案内をすることも多いです。

お客様対応
  • レジ
  • 本を探す
  • 在庫を調べる
  • 電話対応

 

また店舗によっては、イベントなども定期的に開催しているんですね。

『子供への本読み』や『読書会』などのイベントも行うなら、コミュニケーションスキルも必要。

 

このように本屋のバイトは多岐にわたるので、楽というわけではありません。

もし楽な仕事を探しているなら、以下の記事も参考にしてください。

参考⇒楽して稼げるバイトの探し方!時給が高いのに仕事が楽すぎ?

本屋バイトの仕事内容
  • 書籍の陳列や品出し…体力が必要
  • 環境作り…キレイ好きが向いてる
  • お客様対応…コミュ力が必要

スポンサーリンク

本屋のバイトは楽しい?体験談からメリットを知る

本屋のバイトはきついのか?

体験談から書店で働くメリットを見ていきましょう。

もし次の3つのメリットに魅力を感じないなら、他のバイトが向いています。

① 本好きには書店バイトは魅力が多い

もともと本好きな人は、アルバイト中にメリットを感じることが多いです。

本に囲まれた空間で働けたり、情報収集やお得に買えるなどの利点があるんですね。

本好きが感じるメリット
  • 本に囲まれて仕事ができる
  • 本に関する知識が深まる
  • 新刊情報が早く知れる
  • 社員割引で安く買える
  • 本好き同士で友達ができる

 

今まで読んでいなかったジャンルの本を知る機会も増えます。

新しい作家さんを好きになったり、バイトしたからこそ知れる良書とも出会える。

そういった本を社員割引で安く買えたら、本好きにとってはたまらないですよね。

本に興味がない人でも採用される可能性はありますが、これらのメリットに魅力は感じないでしょう。

参考⇒本屋のバイトって本を読まない人も働ける?志望動機に悩む

② 本屋バイトは暇?適度に忙しい

本屋で働くと、メチャクチャ忙しい場面になりづらいというメリットがあります。

例えば飲食店などは、満席状態が続くとホールもキッチンも大慌て。

 

“いくら人手があっても足りない”という状態で働き続けることになります。

でも本屋って忙しさはある程度をキープできるんですね。

 

本は事前に用意している分が完売されれば、それで終わり。

本屋が大混雑することもないし、常に一定のペースで働くことができます。

暇なときは掃除や整理整頓をして、忙しいときは接客をメインにする。

このように働きやすさという点も、他のバイトとは違う利点となります。

 

実際に本屋のバイトは、すぐ求人が埋まるほどの人気となっています。

倍率が高いのも”働きやすい場所”だとわかっている人が多い証拠ですね。

参考⇒本屋のバイトに落ちた!受からない原因を潰そう

③ 本屋で学べるスキルは他でも使いやすい

本屋の仕事内容は先ほど話した通り。

これらの仕事は他の業種でもよくある仕事ですよね。

本屋以外でもある仕事
  • お客様対応
  • レジ
  • 電話対応

 

これらの仕事を学ぶことで、他のアルバイトをするときや就職するときに役立ちます。

電話対応などは就職活動でも有利なスキルですよね。

本屋でバイトするメリット見出し
  • 新書の情報が早く知れる
  • 社員割引などがあればお得
  • 忙しすぎない環境で働ける
  • 学んだスキルは他でも活かせる

スポンサーリンク

本屋のバイトはしんどい?デメリット

逆に本屋のバイトは、きついと感じる人もいます。

体験談のなかから書店バイトのデメリットを見ていきましょう。

① 覚えることが多い!本を読まない人は余計に難しい

まず働き始めて最初に感じるのは、『覚えることが多い』ということ。

広い書店であれば、それだけ扱う本も増えるので覚えるのが大変です。

 

どのジャンルの本が、どの辺りにあるのかを記憶するのは時間がかかります。

また本屋は新書が一番売れます。

つまり新しい本が次々に出てくるんですね。

なので常に新しい情報を覚え直す必要があります。

② 接客ではクレーム処理がつらい

バイト終わりに筋肉痛

本屋のバイトでは、接客もメインの仕事となります。

本屋に来るお客さんは静かでマナーを守る人が多い。

 

ただそれでもクレーム処理などをすることもあるんですね。

お客さんが多い大型店舗であればクレームの確率も高いです。

コミュ力に自信が無かったり、対人関係で不安な人は別のバイトを検討しましょう。

参考⇒対人恐怖症でバイトするときにおすすめの求人

③ バイト中ずっと立ち仕事など体力的に辛い

なんか楽そうなイメージがあるから

こんな思いで書店バイトをすると、ギャップに苦しむ人がいます。

 

重い書籍を扱うので力仕事だし、立ち仕事などで体力も必要。

いずれ慣れるものですが、それまでは毎日体力的に辛いと感じることが多いです。

また本屋のバイトは在庫管理などお客から見えない仕事も多い。

想像していたより忙しいと感じる人もいるんですね。

参考⇒本屋のバイトを辞めたいとき?辞める判断基準

④ 本屋は身だしなみの条件が多い!髪色・髪型・ネイル・化粧など

発見

本屋でバイト中は見た目などにも注意を払う必要があります。

例えば髪色や髪型で指定があったり。

 

またネイルなども派手なものはつけられませんよね。

『派手がいい!オシャレしたい!』という女性は、本屋バイトは向きません。

⑤ 本屋のバイトは出会いが少ない?恋愛の場所

本屋のバイトは長期求人が多いです。

なので採用したアルバイトも、長期で働くことが多い。

 

なので出会いの場としては限られたチャンスしかありません。

それに仕事も別々で動くので、バイト同士でコミュニケーションも少ない。

 

自然と仲良くなるとか、交流が多いバイトではないんですね。

ただ出会い目的なら、他の場所などで作ることもできますよ。

参考⇒バイトしてても出会いない!バイト先で全く出会いがないとき

本屋バイトのデメリット
  • 覚えることが多い
  • クレームを受けることもある
  • 力仕事など体力的にきつい
  • 髪色やネイルなどで遊べない
  • 出会いのチャンスが限られている

スポンサーリンク

本屋のバイトをどう感じた?向き不向きがある

本屋のバイトは本好きの人にとって満足度が高い職場です。

ただイメージとは違い、覚えることが多かったり力仕事も必要。

 

『楽そうだから』という理由で応募するのは辞めた方が良いですね。

本屋のバイトは向き不向きがわかれる仕事と言えます。

 

迷っているなら下見をして、その場所で働いている自分がイメージできるか調べてみましょう。

もし求人に応募するときは、お祝い金がもらえる求人サイトを使った方がお得ですよ。

参考⇒マッハバイトの口コミってどう?利用者の評価