カラオケバイトを辞めたい

カラオケバイトは、向き不向きがハッキリと分かれる仕事です。

元気でポジティブな人は働きやすいし、接客も上手にこなせるでしょう。

 

ただ他人の言動に影響されやすいタイプだと、慣れるまで辛いし辞めたいと悩みがち。

今回はカラオケバイトを辞めたいと悩むときに、取るべき選択肢について解説します。

 

“仕事が嫌で辞めたい気持ちはあるけど、このまま辞めるのも抵抗がある”

そんなモヤモヤをスッキリさせるためには、①辞めるべきかの判断基準・②上手な辞め方の2つを知る必要があります。

スポンサーリンク

カラオケのバイトを辞めたいと感じる瞬間

カラオケのバイトで辛いと感じる瞬間はいつか。

あなたは次のタイミングで、”辞めたい”と思いましたか?

その状況によって、辞めるべきか続けるべきかが決まってきます。

① カラオケバイトは2種類の忙しさがある

カラオケで遊ぶ

カラオケバイトをしていると、別々の忙しさを体験します。

まず1つ目は繁盛期の混雑。

 

土日祝日などにお客さんが殺到して、目が回る忙しさを体験します。

仕事を覚えていない新人時期だと、この混雑を乗り切るのは大変。

2つ目の忙しさはシフトに関するもの。

カラオケ店は24時間365日営業の店舗も多いです。

 

なので年末年始やお盆なども、シフトに入る必要が出てきます。

年末年始やGWに遊びたいという人は、カラオケバイトを続けるのが憂うつになるんですね。

② カラオケのゲロ掃除は精神的にきつい

カラオケバイトの仕事は、フロア・ホール・キッチンなど多様。

仕事の種類も接客から調理補助までたくさんあります。

 

その中でダントツで嫌だという声が多いのが吐しゃ物処理。

酔っ払い客が部屋やトイレで出したゲロを掃除する仕事になります。

潔癖気味の人やキレイ好きの人は、耐えるのが難しいですよね。

 

頻繁にあることではありませんし、昼間になると確率がグッと下がります。

ただ深夜のシフトにも入る予定があるなら、トイレ掃除は覚悟した方がいい仕事と言えます。

③ 酔っ払い客への接客ストレスがやばい

酔っ払い

夕方から深夜にかけては、お客さんのお酒を飲む頻度も多くなります。

結果的に酔っ払い客になり、店員に絡んでくるんですね。

居酒屋バイトなどでも同じですが、酔っ払い客への対応はイライラするもの。

上機嫌でならまだいいけど、ネチネチと愚痴を言ってくるタイプだとストレスは溜まります。

 

接客が嫌だと思い辞めたい人も多いのが現状。

アルバイトには、接客以外の仕事もたくさんありますし。

④ シフトや外見などを変えたくてカラオケバイトに合わなくなる

カラオケバイトは接客業なので、外見でも指定があります。

ピアスや髪色・ネイルなどは、お店によって条件があるんですね。

 

なので働き続けて髪を染めたくなったり、ネイルをしたくなると働けなくなります。

シフトも同じで、年齢や状況が変われば出勤できる曜日や時間帯も変わるもの。

 

こういった変化は長期バイトをしていると避けられません。

なので今のあなたに合った働き方ができるアルバイトに、切り替えることも検討しましょう。

⑤ バイト先の人間関係が合わない3パターン

職場の人間関係が合わないと、バイトを辞めるキッカケになります。

それはバイト間でコミュニケーションが多いカラオケバイトも同じ。

 

店員同士で協力し合わないと、仕事をこなせません。

そんな職場で亀裂が入ると、アルバイト自体を続けるのが苦痛になっていきます。

人間関係で悩みやすいのは次の3つ。

まず1つ目は、新人時期に馴染めないという問題です。

ただこれは時間が経つと少しずつ慣れてくるので、深刻に考えなくて大丈夫。

 

2つ目は店長や社員との波長が合わないという問題。

高圧的だったり怖い店長だと、出勤するのも嫌になってくるんですよね。

 

3つ目は距離が近づきすぎて起こる問題。

例えばカラオケ店員同士で仲良くなりすぎて、恋人へ発展する。

 

そうすると別れたあとに気まずくなって、どちらかがバイトを辞めるということもあります。

参考⇒カラオケのバイトは出会いが多い?男女比など店舗選び

カラオケバイトで辞めたい瞬間
  • 混雑時期の忙しさに対応できない
  • ゲロ掃除が精神的に辛い
  • 酔っ払いに絡まれるのが嫌
  • シフトや外見などを変えたくなった
  • 職場の人間関係がストレス

スポンサーリンク

カラオケバイトを辞める理由はどれ?判断基準

先ほどのような悩みを持っている人が全員、カラオケ店を辞めるわけではありません。

本気でバイトを辞めると決断するのは、それだけで大変な作業。

その決断で間違わないために必要なのが、『解決する見込みがあるか』という判断基準です。

① カラオケ店の悩みが解決できるか考えてみる

バイト先の悩みが解消されたら、辞める必要はなくなります。

先ほどの悩み別で、解決できないか考えてみましょう。

カラオケバイトで辞めたい瞬間
  • 混雑時期の忙しさに対応できない
    ⇒平日など暇な日のシフトを増やす
  • ゲロ掃除が精神的に辛い
    ⇒夜間のシフトを減らす
  • 酔っ払いに絡まれるのが嫌
    ⇒朝から夕方のシフトに変える
  • 職場の人間関係がストレス
    ⇒苦手な人のシフトを避ける

 

このようにカラオケバイトの嫌な場面は、シフト調整で軽減できます。

新人時期で忙しさについていけないときは平日に働けないか店長に相談する。

 

酔っ払いへの接客も朝から夕方にかけてなら避けられます。

少しずつ仕事に慣れていけば、辞めたい気分も薄れてくかもしれません。

参考⇒カラオケのバイトに向いてる人って?

② カラオケ店の悩みが解決できないなら辞めよう

退職

自分の努力や工夫で解決できない悩みなら、カラオケバイトを辞めることも検討した方が良いです。

『バイトを辞めるのは甘えだ』と、我慢して働くのは心身に悪影響。

 

以下のような理由だと、自分だけの努力では解決は難しいです。

解決しづらい悩み
  • ゲロ処理が慣れない
  • 接客の言動にストレスを感じる
  • 店長と合わない
  • 土日祝日に出勤できなくなった
  • 髪色やネイル・ピアスを変えたい

 

こういった悩みは相性が関係しています。

あなたに合った仕事や、マイペースに働ける職場に変えることも良いでしょう。

 

特に治安が悪い場所に店舗があると、接客で嫌な思いをすることも増えてしまいます。

参考⇒カラオケのバイトは危ない?治安や深夜の酔っ払いに注意

辞めるか悩んでいるとき
  • 悩みをリストアップする
  • それが解決できるか考えてみる
  • 自力で解決できないなら辞める

スポンサーリンク

カラオケバイトを辞めるときの手順や伝え方

本当に辞めると決断したあとも、辞め方や伝え方など不安な点はあります。

そこで最後はカラオケバイトを辞めるときの手順について確認しておきましょう。

次の3つの流れに沿うと、無駄な時間もなくスムーズに退職できますよ。

① カラオケ店の店長に退職意志を伝える

LINEの表示画面

辞めることを決めたら、できるだけ早い段階で伝えるのが理想です。

店長はシフト調整をしているので、直前に”辞めます”と言われると困るから。

 

理想はシフトが決まる前の、1ヶ月以上前に辞めることを伝えた方が良いですね。

(法律上は2週間前までに伝えれば退職できるとされています)

 

辞めると伝えるときは、LINEではなく対面で伝えます。

ただいきなり口答で伝えるのに躊躇するなら、LINEでアポを取るのがおすすめ。

例文
店長、お疲れ様です。突然ですが〇月末にアルバイトを退職したいと思っています。詳細は出勤日の〇月〇日にお話ししたいのですが、お時間をいただけますか?

 

このようにアポを取れば店長も時間を取ってくれるし、心の準備もできるはず。

言いたいけど言い出せないと悩み、ギリギリのタイミングに伝えるのは避けましょう。

参考⇒バイトを辞めるって言いづらい!確実に辞める方法

② 最終出勤日までバイトを続ける!引き継ぎとバイト探しをしよう

就職活動する大学生

退職を受け入れてもらえても、職場でやることは残っています。

まず1つ目は引継ぎ。

 

あなたの代わりに入ってくる新人さんに、仕事を教えてあげましょう。

あとは退職準備も必要ですね。

退職準備
  • ロッカーの整理
  • 私物を持ち帰る
  • 制服の洗濯
  • 入館証などの返却方法を確認
  • 従業員への挨拶を考える

 

退職日までに少しずつ整理整頓していくことで、最終日に慌てずに済みます。

辞めるまでは気まずいかもしれませんが、一生懸命に働けば周囲も納得してくれます。

参考⇒バイトを辞めるまで気まずい!残りのシフトの働き方

 

こういった引継ぎと並行して行いたいのが、新しいバイト探し。

カラオケバイトを辞める理由になったキッカケは何だったかを思い出しましょう。

 

接客が嫌なら接客以外の仕事など、同じ理由でバイトを辞めないようにしたいですね。

参考⇒バイトは接客なしが良い!人と関わらないアルバイト特集

③ 最終日に出勤して辞める!新しいバイト候補へ応募する

新人バイト

最終日は挨拶をする可能性が高いです。

簡単な挨拶で構わないので、事前に用意しておくと緊張しないで済みますよ。

例文
今までお世話になりました。このお店で働いた経験を活かして今後も頑張ります。本当にありがとうございました。

 

シフトの都合で会えない上司や社員さんがいるなら、『○○さんにもよろしくお伝えください』と言えばOK。

無事にカラオケでのバイトが終わったら、次の求人へ応募します。

 

面接日を決めて、また新しいアルバイト生活が始まっていくという流れになります。

カラオケバイトの辞め方
  • 1ヶ月以上前に退職を伝えるのが理想
  • 退職準備をしながら新しい求人を探す
  • 同じ理由でバイトを辞めることがないように気を付ける

スポンサーリンク

カラオケのバイトは向き・不向きがある!解決しない悩みなら辞めるのもあり

カラオケのバイトは接客業ですし、向き不向きがあります。

『自分にもできそう』と思って応募しても、『イメージと違った』と悩むこともある。

 

ただ働き始めなど新人時期は、誰でも仕事に慣れるのに時間がかかります。

なので最初はシフトを調整するなどして、少しずつ仕事に慣れる努力をしましょう。

 

ただ自力で解決できない悩みであるなら、仕事を辞めることも検討すべきです。

店長が怖いから言い出せないなど、別の問題があるなら以下の記事も参考にしてください。

参考⇒バイトを辞めるのが怖い!店長への連絡や電話に躊躇する