バイト辞めたいけど怖い

(バイトを辞めたいけど怖いから言い出せない)

店長や先輩・バイト仲間のことを考えると、辞めたいけど辞められないと悩みやすいです。

 

ただ怖いからと言い出せないままでいると、その職場でずっと働き続けることになります。

そうならないためにも『バイトを辞めるのが怖いときの対処法』を見ていきませんか?

  • バイトを辞めたいけど怖い状況3選
  • 怖いながらも退職の意向を伝える方法
  • それでも怖いときのケース別の対処法

 

漠然と怖いと感じているだけでは、何も問題は解決しません。

あなたがバイトを辞めると伝えるとき、何が怖いのかをハッキリさせましょう。

そうすれば退職の伝え方も、自然とアイデアが出てきますよ。

どうしてもバイトを辞めたいとき
  • 今日でバイトを辞めたい
  • でも出勤したり連絡するのは嫌だ

こんなときは退職代行サービスを使えば、スパッと退職できます。

退職代行サービスはバイトにも対応しているので、あなたの代わりに職場に話をつけてくれますよ。

 

3万円弱の費用はかかりますが、利用すれば出勤や連絡する必要なく退職が可能。

バイトの悩みから今日中に解放されたいなら、退職代行のサービス内容を確認しましょう↓↓

公式⇒バイトを辞めるのが怖いあなたへ!退職代行のサービス内容はコチラ

バイトを辞めるのが怖い状況は2つに分かれる

なぜバイトを辞めるのが怖いのか。

その原因を細かく分けていくと、解決策も見えてきます。

バイトを辞めたいけど怖くて辞められない理由は、次の3つが多いですね。

① 店長に連絡するのが怖い!怒られるかも

辞めたいと言えない

店長にバイトを辞めると伝えづらいで悩む人が多いです。

本音では今すぐ辞めたいけど、怒鳴ったり怒って反対されそうで言い出せない。

普段から怖いから、”辞める”と伝えたら何て言われるかわからず、ビクビクしてしまうんですね。

 

この場合はメールや電話で、事前にアポを取るという方法があります。

もしくは退職代行サービスなどプロに任せて、あなたは何もしないという解決策もありますよ。

② 辞めたらバイト仲間に負担がかかる!陰口などが怖い

ラーメン屋のバイト

店長ではなく先輩や同僚の視線が気になる場合も多いです。

例えば現時点でシフトがギリギリの状態で回っているとき。

 

この状況で自分がバイトを辞めると、他の従業員の負担が増えてしまう。

こうなると自分が辞めたことで反感を買うのではないかと悩むかもしれません。

 

普段から職場の上下関係があったり先輩が怖いなら、委縮してしまいますよね。

この場合は店長に早めに辞めることを伝えて、新人バイトを募集してもらいましょう。

そして新人の育成や仕事の引継ぎをあなたがやることで、周囲の反対意見を抑えることができます。

③ どうしても怖いから辞められないときはプロに頼もう

 

  • 店長への連絡が怖い
  • バイト仲間からの評価が怖い

 

このようにバイトを辞めたいのに怖くてやめられない。

そんなときに一発で悩みを解決する方法があるんですね。

 

それが退職代行サービスを使うという方法。

実は退職代行サービスはアルバイトにも対応しています。

 

あなたは代行サービスに連絡するだけ。

それでプロが交渉して、即日にバイトを退職できます。

 

明日以降に職場に出勤したり連絡する必要もありません。

3万円弱の費用はかかりますが、今日で確実に辞めたいときは退職代行サービスを検討する価値はあります。

公式⇒バイトを辞めるのが怖いとき!退職代行のサービス内容を確認する

 

バイトを辞めるのが怖いとき!伝える前の準備や最終出勤日までの働き方

バイトを辞めたいけど怖いとき、どのように伝えていけばいいのか。

できるだけ勇気が不要の方法を考えて行きましょう。

① 店長に電話の連絡が怖いならLINEやメールでアポを取る

SNS

店長に退職の話を切り出したり、電話するのが怖い場合。

そのときはLINEやメールを使うという方法があります。

 

退職の相談がしたいからとアポを取る。

これで事前に退職したい意志が伝わるので、当日は話を切り出しやすくなります。

 

ついカッとなりやすい店長も、事前に話を聞いていれば心の準備ができます。

例文

件名:退職のご相談

(店長の名前)店長

お疲れ様です。
アルバイトの(あなたの名前)です。

突然で申し訳ありませんが、○月末でアルバイトを退職したいと考えています。

詳しくは次回の出勤でお話しさせていただきたいのですが、
大事なことですので、まずはメールにてご連絡させていただきました。

次回の出勤は◯月◯日の◯時なのですが
退職の相談について、お時間を取っていただくことは可能でしょうか?

(あなたの名前)

 

メールやLINEだけでバイトを辞めようとするのは、マナー違反です。

ただ店長とシフトが合わなかったり、切り出せないときはメールでアポを取ると良いですよ。

参考⇒バイトを辞めるけど店長がいない!?店長に会えないときの正しい伝え方

 

② 店長に伝えるのが怖いときは理由が大事!”精神的”や”嘘”はNG

辞めさせてください

怒りっぽい店長に退職の意向を伝えるときは理由が大事です。

弱い理由だと強引に説得されたり、言いくるめられてしまう可能性が高い。

 

なので『それなら仕方ない』と、相手が納得できる理由が必要になります。

弱い理由
  • シフトが多い
  • 働けない曜日がある
  • 引っ越す(嘘)

 

お店側が納得せざるを得ない理由は、進路系が多いですね。

学業との両立や就職活動に関連した理由だと、アルバイトを強制するのは難しいです。

おすすめの理由
  • 学業との両立が難しくなった
  • 就職活動の準備を始める
  • 資格の勉強を始める

 

精神的な理由は相手に説得される可能性があるし、嘘はバレた後がもっと怖いことになります。

出勤日当日までに辞める理由を用意して、退職の意志が強いことを相手に伝えましょう。

参考⇒バイトを辞める理由として”合わない”ってあり?何となく嫌なとき

③ 店長の機嫌が良くて暇なタイミングを狙う

ラーメン屋の厨房

出勤日に退職の意向を伝えるときはタイミングが重要です。

理想なのは店長の機嫌が良いとき。

 

ただ店長の機嫌なんて、いつ良いか悪いかなんてわかりませんよね?

そこで大切になってくるのが暇な時間帯に伝えるということ。

 

お客さんが多くて繁盛している時間帯に、退職の相談を持ち掛けると誰だってイラっとします。

そうではなく閉店の片づけをしている時間帯などを狙って伝えた方が無難。

店長が暇そうにしているときに退職の話を切り出せば、冷静に話を聞いてくれる可能性が高いです。

 

どのタイミングでも怒ってくる店長なら、それは相手の人間性に問題があります。

その場合は先ほどの退職代行サービスなどの利用も検討しましょう。

参考⇒バイトを辞めるときの切り出し方!切り出すタイミング

④ シフトが残ってるとバイト仲間と気まずい?最終日までの働き方

バイト先で気まずい

店長に伝えたあとはバイト最終日までの過ごし方に注目。

バイト仲間とできるだけ円満に過ごしたいなら、働き方が重要になってきます。

 

あなたが率先して行いたいのが仕事の引継ぎ。

あなたの代わりに入る新人バイトに、丁寧に仕事を教えてあげましょう。

 

指導係は基本的に誰もやりたがりません。

だからこそあなたが自分の仕事もこなしつつ指導すれば、その姿勢を周囲に見せることができます。

 

特に気まずい人とはシフトをずらすなど調整もしながら最終日まで働きましょう。

参考⇒バイトを辞めるまで気まずい!残りのシフトがあり行きたくないとき

バイトを慎重に辞める方法
  1. メールやLINEで退職相談のアポを取る
  2. お店側が納得しやすい理由を用意する
  3. 当日は店長が暇で余裕があるタイミングに伝える
  4. 最終日までは面倒な仕事などを率先してやる

スポンサーリンク

それでもバイトを辞めるのが怖いときどうすればいい?状況別の対応

最後は退職しようとしたときの障害と飛び越え方を見ていきます。

スムーズに辞められるのが一番ですが、店長やバイト仲間から反感があるかもしれません。

そんなときあなたには、どのような選択肢が残っているのでしょうか。

① 店長にバイトを辞めたいと言ったら電話を切られた

バイトがキャンセルになった

怒りっぽい店長やハラスメント気味の上司だと、話を聞いてくれない可能性もあります。

基本的にはアルバイトがバイトを辞めたいと言えば、それを受け入れなければいけません。

 

でも上手く反対することができず、無視して反抗的な態度で表すことも考えられます。

解決策としては店長より上の立場の人に相談する方法があります。

もしくは先ほどお話しした退職代行サービスを利用して、プロに頼むといった方法ですね。

 

怒るだけならまだしも無視したり、話を聞こうとしない場合は相手が悪いです。

なのでもっと上の立場の人や代行に任せるといった選択肢を考えましょう。

② バイトを辞めたいとメールしたけど返信がこない

勉強とバイトの両立

メールしたのに返信がこない場合は、3つの可能性があります。

まず1つ目は先ほどと同じく無視をした場合。

解決策は先ほどと同じく、上司への連絡や代行サービスの活用となります。

 

2つ目はメールは届いたけど確認していない場合ですね。

そして3つ目はメールを見たけど、その後バタバタしていて忘れた場合。

 

この2つ目と3つ目の場合は、出勤時に店長に確認しましょう。

メールの話を切り出せば、店長が思い出す可能性が高いです。

③ 店長が怖いからもうバイトに行きたくないときは即日で辞める

バイトって今日から辞められる?

  • 店長が怖すぎて、伝えるのが無理
  • もう二度と職場に出勤したくない

 

このような状態なら退職代行サービスを検討する価値があります。

退職代行サービスを使えば、即日でバイトを辞めることが可能。

あなたが職場に連絡する必要も、出勤する必要もありません。

 

バイトを即日で辞めるには、従業員と雇い主の同意が必要となります。

すごいハードルが高いので、代行のプロに任せた方が確実ですよ。

参考⇒バイトを今日限りで辞めるのは可能?即日で退職する3つの方法

④ 店長が怖いからと逃げるのはダメ!

歩いて家に帰る

  • 代行サービスを使うのは嫌だ
  • でも店長に退職を伝えられない

 

このように考えて、バイトをバックレする人もいますが要注意。

 

無断欠勤や無断退職は、実家や学校に連絡がいくかもしれません。

さらに最悪のケースだと、損害賠償など法的措置を取られる可能性も残っているんですね。

 

確かに無断欠勤をして退職できることもあります。

ただそれはお店側が諦めた場合だけで、そうならない場合は状況が余計に悪化するので辞めましょう。

参考⇒バイトを辞めるって言いづらい!言えない状態から確実に辞める方法

バイトを辞めたいのに辞められないとき!ステップを分けてクリアしていこう

バイト辞めたいけど怖い

バイトを辞めたいけど、店長が怖くて言いづらい状況だと大変ですよね。

 

そんなときは退職するまでをステップに分けて、1つずつ解決法を考えて行きましょう。

もしそれでも怖くて無理そうなら、退職代行サービスなども検討する価値があります。

 

バイトを我慢して続けてもメリットは少ないはず。

悩んでいるならできるだけ早く行動して、もっとあなたらしく働ける職場を探しませんか?

参考⇒バイトを辞めたいときに退職代行サービスを使う流れや利用者の感想