バイト代は月8万が理想

バイトは月8万を上限に稼ぐのが理想です。

もちろん月8万以上稼いでも良いのですが、稼ぎ過ぎると所得税などの税金がかかるんですね。

 

さらに扶養から外れて、親御さんの納める税金が増えることもあります。

なので今回はバイトで月8万を調整しながら稼ぐ方法を紹介。

  • バイトで月8万を目安にした方が良い理由
  • 高校生・大学生・フリーター・主婦別のバイト選び

 

頑張って働いたのに税金が発生して、手取りが減るのは避けたいですよね。

損しないギリギリの範囲内を狙うとき、毎月どのくらいを目安に働けばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

バイトは月8万を上限にしたほうがいい理由とは?

バイトは月8万を目安に稼ぐのが理想です。

その理由を税金・扶養の面から確認していきましょう。

そして月8万を稼ぐために、どのくらい働けばいいかも計算してみました。

① バイトで月8万以上を稼ぐと所得税など税金がかかる

バイトと税金のハナシ

なぜアルバイトは稼ぎ過ぎると損すると言われるのか。

それは所得税や住民税などの税金が関係していました。

 

一般的に所得税は年103万円、住民税は約90万~100万(自治体で変わる)以上を稼ぐと納税義務が発生します。

なので月8万円(年収96万円)は、税金が発生しないギリギリのラインとなるんですね。

 

月8万円を超えて納税すると、手取りで逆に収入が減ってしまうというケースもあります。

なので特別な理由がないときは、月平均8万円をボーダーラインとして考える人が多いんですね。

② バイト代が月8万を超えると親の扶養を外れて家族も損する?

あなただけが損するなら良いのですが、親御さんも納税額が増える可能性があります。

なぜならバイトで稼ぎ過ぎると、扶養から外れてしまうから。

 

年収103万円を超えると、扶養者控除が適用されなくなるんですね。

なので世帯主の納める税金が増えてしまうんです。

 

所得税と同じ年収となっているので、月平均8万円を超えなければ大丈夫。

ちなみに年収103万円を超え、年収130万円以上になると社会保険料も自己負担となります。

このようにバイトで稼ぎすぎると、家族全体の納税負担が増えるので注意しましょう。

③ バイトで月8万円って何時間が目安?どのくらいのシフトか計算

バイト代と労働時間

バイトで月8万円を狙うとき、どのくらい働けばいいのでしょうか?

時給900円とすると8万円を稼ぐのに約89時間が必要です。

 

週3日のシフトとすると、1ヶ月の出勤数は13日~14日。

なので1回の出勤で6~7時間働く必要が出てきます。

(週4日のシフトとすると1回の出勤で5時間ほどの労働時間)

 

フリーターの場合は、普通にバイトをすれば月8万円は狙えそうです。

ただ高校生や大学生だと、授業終わりに働くので難しくなるんですね。

 

そこで次は高校生・大学生・フリーター・主婦のケース別に月8万を稼ぐ働き方を見ていきます。

求人サイトに関しては、お祝い金がもらえるマッハバイトを使って探しましょう↓↓

参考⇒マッハバイトの口コミってどう?利用者の評価

バイトで月8万を目安にする理由
  • 稼ぎすぎると税金がかかる
  • 扶養から外れると親の納税額も増える
  • 学生や主婦だと働き方の工夫が必要

スポンサーリンク

バイトで月8万を目指す方法【高校生】

高校生だと1つのバイトで月8万円を狙うのは難しいです。

授業や学校のイベントを両立するための働き方を意識しましょう。

① 高校生が働きやすいバイトをメインに選ぶ

勉強とバイトの両立

まずは高校生が働きやすいバイトを選びます。

収入は第一優先ではなく、学校生活との両立がしやすい職場を選びましょう。

高校生向けのバイト
  • 家や学校から職場が近い
  • 同世代が多く働いている
  • すぐ仕事を覚えられる(マニュアルなど)

 

高校生のバイト代は3万~5万くらいが一般的です。

学校終わりに出勤して働けば、月4万くらいが目安となりますね。

参考⇒楽して稼げるバイトの探し方!コスパが良いバイト

② 夏休みや冬休みにバイトを掛け持ちしよう

高校生歓迎のバイトだけでは月8万円は難しいです。

そこで検討したいのがアルバイトの掛け持ち。

 

特に時間が取りやすい夏休みや冬休みに、バイトの掛け持ちをしてはどうでしょうか?

掛け持ちしやすいバイトの例
  • 単発バイト
  • 短期バイト
  • シフト自由のバイト

 

シフトの融通が利くバイトは、仕事も簡単なものが多いです。

夏休みや冬休みなら、学校生活への負担もないので両立も可能。

 

高校生が毎月8万円をバイトで稼ぐのは大変です。

なので1年のトータルで年収90万円に近づけた方が良いですよ。

参考⇒単発バイトのおすすめ15選!1日だけの日雇いバイト

 

バイトで月8万を目指す方法【大学生】

大学生は高校生より稼ぎやすい条件が整っています。

部活・サークルなどが忙しくなければ、月8万円を稼ぐこともできるでしょう。

① 大学生向けのバイトを選ぶ

飲食店で出会う

まずはメインとなるアルバイトを選びましょう。

高校生のバイト選びと同じで、大学生活と両立しやすい職場がおすすめ。

大学生向けのバイト選び
  • 家や学校から近い
  • 同世代が多い
  • シフトの調整ができる

 

大学生の場合は夜間のバイトも可能となります。

夜間に時給がUPする求人だとコスパが良くなりますよ。

参考⇒初めてのバイトはどこがいい?大学生の初バイトの選び方

② 大学生は夏休みや春休みにガッツリ稼げる

キャンパスライフ

大学生は夏休みや春休みが、それぞれ約2カ月ほど用意されています。

宿題などもないので、サークルや部活をしていないなら暇そのもの。

 

この期間を利用してガッツリ稼いでいきましょう。

シフト自由のバイトを選ぶと調節しやすいですね。

 

夏休みや春休み限定で、月10万以上を稼ぐこともできます。

1年間のトータルで年収90万円くらいに抑えることは忘れずに。

参考⇒大学生がバイトで月10万以上稼ぐための現実的な3つの方法

 

バイトで月8万を目指す方法【フリーター】

フリーターなら月8万円を稼ぐことは簡単です。

なのでできるだけコスパよく稼ぐ方法を探しましょう。

① コンビニなどシフトの融通がきいて夜勤があるのか理想

東京でアルバイト

フリーターだと月8万円を超えて、稼ぎ過ぎる可能性が出てきます。

なので労働時間を調整しやすいバイトの方が向いていますね。

 

その中で夜勤で時給がUPするバイトがあれば、コスパよく稼げます。

フリーター向けのバイト
  • コンビニ
  • 24時間営業の飲食業
  • コールセンター

 

フリーターの場合は、1つのバイトだけで月8万円を稼ぐことができます。

夜遅くに起きていることが苦でなければ、夜勤バイトも検討しましょう。

参考⇒夜勤のバイトにおすすめ18選!深夜でも楽に働ける

② フリーターは正社員登用のバイトも検討する

正社員登用のアルバイト

将来を見越すなら。正社員なども意識するといいかも。

とはいっても就職活動をしたり、いきなり正社員で働くのはハードルが高いですよね。

 

そこで選択肢となるのが、正社員登用のアルバイト求人です。

正社員登用の求人とは、最初の数カ月をアルバイトとして働きます。

そして従業員と雇い主の双方が納得すれば、正社員として働くことができるんです。

 

アルバイトとして働き仕事や、職場の人間関係が自分に合っているのか確かめることが可能。

もし将来的に正社員を目指しているなら、正社員登用のアルバイト求人も見てみましょう。

スポンサーリンク

バイトで月8万を目指す方法【主婦】

主婦の場合はバイト以外の稼ぎ方も検討しましょう。

家事や育児をこなしながら、スキマ時間で稼ぐ方法が向いています。

① 午前中に働けるバイトを探そう

主婦の疑問を解消

主婦の場合は午前中のバイトが向いています。

実際に午前中から夕方まではパートの方が主に働きますよね。

 

できるだけ時間がかからない、家から近い職場が理想です。

主婦向けのバイトの例
  • 家から近い
  • パート同士でシフトの調整ができる
  • 長期契約で働ける

 

コロコロと職場を変えると、一から仕事を覚え直す必要があるので大変。

1つの仕事を長く続けられるような職場を選びましょう。

 

チェーン店やスーパーなどが定番ですね。

参考⇒受かりやすいバイトは時期を見る!おすすめの探し方とランキング8選

② バイト代が月8万円に近づくまで在宅ワークをする

主婦の場合は掛け持ちバイトも簡単ではありません。

土日は子供がいたり、急に予定が入ってシフト調整が難しくなります。

 

そこで検討したいのが在宅ワーク。

スキル不要でスマホやPCで稼ぐ方法を試してはいかがでしょうか?

在宅ワークの例
  • スマホのお小遣い稼ぎ
  • PCのデータ入力
  • ハンドメイドなどの内職

 

在宅ワークならスキマ時間を有効活用できます。

出勤する時間も不要だし、仕事量も自分で調節することが可能。

参考⇒在宅バイトのおすすめ9選!自宅で稼げる在宅ワーク集

バイトは手取りを考慮すると月平均8万円以下に調節しよう

バイト代は月8万が理想

バイトは一般的に月8万円を意識しながら働きます。

なぜなら月収8万円を超えると、所得税や住民税などの税負担がかかるから。

 

なのでよほどの理由がない限りは、月8万円を上限に働き方を考えて行きましょう。

高校生・大学生・主婦の場合は、掛け持ちで月8万円に調節するのがおすすめ。

 

フリーターの場合は1つのアルバイトだけで月8万円を狙うことができます。

定番の求人サイトを複数使いながら、家から近い求人を探してみましょう↓↓

参考⇒Lineバイトは怪しいってマジ?気になる評判と使い方

参考⇒バイトルの評判は?口コミや使い方での注意点