バイトを辞める勇気がない

バイトを辞めると伝えるのは勇気が必要です。

店長に切り出したり、バイト仲間に知られる瞬間を思い出すと躊躇してしまいますよね。

 

ただ本当は今すぐにでもバイトを辞めたいのに、勇気がないとズルズルと働き続けることになります。

そこで今回はバイトを辞める勇気がないときの退職の伝え方を紹介。

  • バイトを辞める勇気が持てない理由
  • 最小限の勇気で退職の意向を伝える方法
  • なかなか伝えにくい理由別の対策

 

最小限の行動で伝える方法や、一発で解決する方法を解説していきます。

このまま今の職場で働き続けるのが嫌な人だけ読み進めていってください。

どうしてもバイトを辞めたいとき
  • 今日でバイトを辞めたい
  • でも出勤したり連絡するのは嫌だ

こんなときは退職代行サービスを使えば、スパッと退職できます。

退職代行サービスはバイトにも対応しているので、あなたの代わりに職場に話をつけてくれますよ。

 

3万円弱の費用はかかりますが、利用すれば出勤や連絡する必要なく退職が可能。

バイトの悩みから今日中に解放されたいなら、退職代行のサービス内容を確認しましょう↓↓

公式⇒バイトを辞める勇気がもてないあなたへ!退職代行のサービス内容はコチラ

 

バイトを辞める勇気が持てない理由

なぜ退職したいのに辞めると伝えられないのか。

勇気が出ないというのは簡単ですが、もっと具体的に悩みの原因を見ていきましょう。

なぜ勇気がでないのかというと、次の3つのパターンが考えられます。

① バイト先の店長に辞めると言いにくい

辞めたいと言えない

バイトを辞めることを、店長に言いにくいケースがあります。

例えば店長が怖いタイプだったり、すぐ怒鳴ったりする性格の場合。

ビクビク怯えて本音で話せないので、退職の意志を伝えにくいんですね。

 

また普段からいつも説得されたり、ネチネチと周りくどく文句を言うタイプの店長にも言いづらいでしょう。

このように勇気が必要なのは、店長に伝えるハードルが高いというのが1つ目の理由になります。

② バイトを辞めると職場の仲間に申し訳ない

バイト仲間

2つ目の理由はバイト仲間に罪悪感がある場合ですね。

例えばみんな同じように職場に不満を持っていると、自分だけ辞めると言い出せない空気があります。

 

自分だけ辞めたら周りから逃げたと思われるのではないか?

そう周囲の視線が気になって職場に不満があるのに、バイトを辞めると言い出せなくなります。

 

あとバイト仲間から”辞めないで!など説得されると、さらに辞めにくくなります。

バイト仲間のことを考えると、辞めると意思表示するのに勇気が必要になるんですね。

③ “即日に辞めたい”などギリギリの退職も言えない

バイトって今日から辞められる?

3つ目は辞め方に希望がある場合ですね。

通常はシフトを考えると、1~2カ月前に退職の意向を伝えた方が良いです。

1ヶ月あれば新人バイトを採用して引継ぎをする余裕もあるから。

 

法律上でも最短で2週間ほど期間を空けて、バイトを辞める必要があります。

こういった中で『今日辞めたい』とか『1日でも早く辞めたい』と言うのが勇気が必要。

 

もちろんアルバイトなら、お互いの同意があれば即日退職も可能です。

そうはいっても今日辞めたいというのは、店長を説得するハードルが高いのも事実。

結果的に店長に言い出せずに、ズルズルと出勤してしまうという人もいます。

 

確実に早くバイトを辞めたいのに言い出せないのなら、退職代行サービスを検討しましょう。

退職代行サービスを使えば、あなたがバイト先に交渉する必要がなくなります。

 

3万円弱の費用はかかりますが、即日に確実にバイトを退職できますよ。

公式⇒バイトを辞める勇気が持てないとき!退職代行のサービス内容を確認する

 

バイトを辞めるとき最小限の勇気で伝える方法

バイトを辞めると伝えるとき、できるだけハードルを下げる方法はあるのでしょうか。

店長やバイト仲間などの立場を考えて、辞めるまでの手順を紹介します。

① 直接に会えないなら電話やメールで切り出す

SNS

店長に言いにくい場合は、最初は電話やLineで切り出すという方法があります。

直接言いにくいことでも、メールやLineならできませんか?

メールでの伝え方【例文】

件名:退職のご相談 (名前)

店長お疲れ様です。アルバイトの(名前)です。
大変申し訳ありませんが、(理由)のためアルバイトを辞めさせて頂きたいと考えています。

早くご相談すべきと考え、先にメールいたしました。
退職までのシフトの調整などをご相談したいのですが、お時間頂く事は可能ですか。

お忙しいところすいません。何卒よろしくお願い致します。
◯月◯日 (名前)

 

一瞬の勇気を出して送信ボタンを押すだけで、相手に退職の意志を伝えることができます。

電話やメールはシフトが店長と重ならないときにも有効。

 

あとで直接会って相談する必要はありますが、事前に意志を伝えておくとスムーズです。

参考⇒バイトを辞めるけど店長がいない!?店長に会えないとき

 

② 店長への切り出し方

辞めさせてください

メールやLineで事前に伝えとくと、当日は言わざるを得ない状況になります。

それに店長から話しかけてくれるかもしれません。

 

もし自分から話す場合は、店長の手が空いている時間帯を狙います。

切り出し方
入ったばかりで申し訳ないのですが、(理由)のためアルバイトを辞めたいと思っています。

 

理由を添えてハッキリと退職の意志を伝えるのがポイント。

悩んでいるというより決まっていることとして伝えます。

参考⇒バイトを辞めるときの切り出し方!

③ バイト仲間へのお礼をする!シフト残ってる間の過ごし方

お土産

退職が決まったらバイト仲間との最後の時間も近づいてきますよね。

残りのシフトはしっかりと働き、新人への育成なども積極的に行いましょう。

 

お世話になった先輩や後輩にお礼を伝えたり、お菓子を持っていくのもアリ。

気まずいかもしれませんが、忙しい日に働いたり誰かの代わりに出勤してあげて最後の貢献をするといいですよ。

参考⇒バイトを辞めるまで気まずい!残りのシフトの上手な働き方

【注意】もし店長に説得や反対をされたら?

困った店長

もし伝え方が弱くて店長が受け入れてくれなかったらどうなるでしょうか?

その場合は断固として、自分の意見を譲らないのが大切になります。

 

もしくは先ほど言ったように、退職代行サービスなどプロの人に頼るという方法ですね。

バイトを辞めるのは基本的に事前に伝えれば、雇い主が一方的に断ることはできません。

 

即日に辞めたい場合も体調不良などやむを得ない理由なら可能ですよ。

参考⇒バイトを辞めるのって即日でも体調不良や病気なら可能?

 

バイトを辞める方法
  1. 勇気がないならメールやLineでアポをとる
  2. 切り出すときは短文でハッキリ伝える
  3. 残りのシフトはバイト仲間を積極的に助ける

スポンサーリンク

バイトを辞める勇気がもてない!状況別で円満に辞める方法

最後はより細かいシチュエーション別で退職方法を見ていきます。

以下で当てはまる状況があれんば参考にしてください。

① 店長への電話すら怖いとき

バイトがキャンセルになった

先ほどは直接言えないなら、電話やメールをすればいいとお話ししました。

ただ電話やメールで伝えるのも怖い場合は、どうすればいいのでしょうか?

 

この場合で注意したいのは、怖いからと無断欠勤をすることです。

無断欠勤をすれば職場の人に迷惑がかかるし、相手の怒りも増幅します。

なので怖いからと勝手に出勤しないという選択肢はなし。

 

現実的な方法としては、退職代行サービスへの依頼となります。

電話をすることすらできないのなら、プロに頼んで即日に確実に辞めるのが一番です。

参考⇒バイトを辞めるって言いづらい!言えない状態から確実に辞める方法

② バイトを始めたばかり(一か月未満)で辞めづらい

研修中に辞める

アルバイトの場合で、特に働き始めたばかりのころは退職を伝えづらいですよね。

新人ならミスが多いし職場にも馴染めず『合わないのかも』と悩みがち。

 

ただ仕事の相性は、しばらく続けて見ないとわからない部分があります。

最初から仕事を完璧にできる人なんていません。

だから仕事で悩んでいて辞めたい場合は、もう少し続けてみる価値はあります。

 

注意したいのは、人間関係の問題やハラスメントなどの職場環境。

こういった問題は時間が経って解決することはないので、早めに辞めた方が良いです。

 

アルバイトの場合は2週間後に辞めることが可能。

従業員と雇い主のお互いの同意があれば即日退職もできるので、早めに辞めるのが得策です。

参考⇒バイトの研修中に辞めるときの切り出し方とは?

③ バイトを体調不良などやむを得ない理由ではなく精神的でもOK?

辞めると言い出しにくい状況は、辞めたい理由によっても影響します。

例えば怪我や病気あんどの体調不良や、就職するといった理由だと言いやすい。

 

ただ合わないとか飽きたといった精神的な理由など、言いづらいですよね?

実際に伝えるときも、精神的な理由なら店長が説得してくる可能性もあります。

 

そこで大切なのが『それなら仕方ないね』と納得できる理由を用意すること。

あなたにとって辞めたい一番の理由は、精神的な理由かもしれません。

 

でも相手が納得できる理由を用意した方が退職はスムーズですよ。

(学業との両立や就職活動をするといった理由なら納得してもらいやすいです。)

参考⇒バイトを辞める理由として”合わない”ってあり?

④ 家庭の事情など嘘はバレるリスクあり!罪悪感や揉める原因になる

人手不足で辞められない

相手が納得しやすい理由を用意するのは良いけど、嘘はいけません。

引っ越しや病気といった嘘をつくと、後でバレる可能性があります。

 

それに嘘をついてバイトを辞めると、後で罪悪感も感じやすいんですね。

このように揉める原因や病む原因になるので、嘘は辞めましょう。

学生なら学業との両立、フリーターなら就職活動など、自分の状況を意識した理由を探すと良いですよ。

⑤ 勇気がないからと飛ぶのは無責任!ずっと行っていないとヤバい

勇気がないけどバイトには行きたくない

このように考えて無断退職をするのは辞めましょう。

 

ずっと行っていないとバイト先から親や学校に連絡が行く可能性があります。

それに損害賠償など法的措置を取られる可能性だって0ではありません。

 

確かに無断欠勤をして、そのまま退職できる職場はあります。

ただお世話になったバイト先なので、辞めるときもマナーを守りましょう。

後で法的措置などを取られてから後悔しても遅いので。

スポンサーリンク

バイトを辞める勇気が持てないときは原因別にアプローチを考えよう

バイトを辞めるときは伝える勇気が必要です。

その勇気が足りないときは、状況別で解決方法を考えて行きましょう。

 

例えば店長に切り出せないときは、電話やLineでアポを取ると良いですね。

事前に辞める相談をしたいと言えば、当日の相談もスムーズに進みます。

 

もしバイト仲間に申し訳ないのなら、残されたシフトは貢献を意識して働くと良いです。

忙しい曜日に出勤したり、他のバイトのヘルプに入るなどすれば誠意は伝わります。

 

もしそれでも退職の勇気がでないときは退職代行サービスも検討しましょう。

プロに頼めば、即日に確実にバイトを辞めることができます。

 

あなた自身が職場に連絡したり出向いたりする必要もないで勇気いらずの解決方法となります。

参考⇒バイトを辞めたいときに退職代行サービスを使う手順や利用者の感想