バイトを休みすぎるとクビになる?

バイトを休み過ぎるからと、すぐクビになるわけではありません。

ただ当日欠勤の頻度が多いなど、職場に迷惑をかける場合は話は別。

 

自分勝手な欠勤が続くと店長に怒られたり、気まずくなり自分から退職するケースもあります。

今回はバイトを休みすぎてしまう場合のリスクや解決法を解説。

 

どのような休み方がダメなのかや、今後に欠勤を減らすための働き方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

バイトを休みすぎるとクビもある?基準はどれくらいか

バイトを休みすぎると、どうなるのか。

休む頻度や休み方によって、バイト先への負担は変わります。

実際に”クビ”と言われた人もいるので、迷惑をかけない休み方を心がけましょう。

① 高校生や大学生は安易に休みすぎ?

どれくらいの頻度で休むと、『休みすぎ』と思われるのか。

目安としては1ヶ月~2カ月に1度のペースで休むと、周囲からは『またか』と思われやすいですね。

 

誰だって法事や体調不良などで急に休むことはあります。

でもそれが毎月とか毎週になると、明らかに頻度が多すぎる。

 

また土日祝など繁盛期に出勤しないという働き方も、反感を買います。

欠席はしないけど遅刻が多い場合も、ルーズな印象を持たれるんですね。

 

高校生だと学生気分で気軽に休む人がいます。

ただアルバイトと言えど仕事なので、サークルや部活感覚で休むのは辞めましょう。

 

大学生の場合も、シフトを詰め込みすぎると両立できないので要注意です。

参考⇒大学生のバイトの頻度は週何回が理想?

② バイトを休むときは頻度より当日欠勤が問題視される

遅刻

実はバイトを休むときにイメージが悪くなるのは、頻度ではありません。

頻度よりも、当日欠勤など急に休む報告が続く方が評判は下がります。

 

もちろん身内の不幸や病気など仕方がない理由であれば、職場も納得してくれるでしょう。

ただ寝坊やシフトの勘違い、最悪の場合は無断欠勤となると怒られる原因になります。

 

一般的にはバイトを休むのが多かったとしても、事前に報告していれば大丈夫。

他の人とシフトを交換したり、別日に出勤すれば特に問題はありません。

 

ただ急なお休みとなると、シフト調整もできないので職場に負担がかかるんですよね。

なので単純に休む頻度よりも、急に休むことが多いか気にしましょう。

 

ズル休みなんてすると気まずいし、罪悪感も生まれてしまいますよ。

参考⇒バイトをズル休みして罪悪感が!後悔の薄め方

③ バイトを休みすぎるとどうなる?怒られたなど体験談

バイトの面接

バイトを休みすぎるとどうなるのか?

実際の体験談を見ていきます。

 

実際はいきなりクビにされたという声は少なかったです。

そもそもバイト先が従業員をクビにできるのは、悪質な行為があった場合。

悪質な行為とは?
  • 犯罪行為
  • 経歴詐称
  • 無断欠勤や遅刻
  • 業務妨害
  • 勤務態度の不良

欠席が増えるということも問題行動ですが、まずは厳重注意が入ります。

要するに”店長から怒られた”という人が多いですね。

『今度やったらクビだぞ』というのも、解雇というより注意というニュアンス。

何度か休んだだけで、クビにいなるということはありません。

 

ただ無断欠席が多い場合に限り、解雇を言い渡されるケースもあります。

何度も注意したけど直らないときは、クビ宣告されることも覚悟しましょう。

バイトを休むことについて
  • 事前報告やシフト変更であれば問題ない
  • 急な休みも法事や体調不良なら仕方ない
  • 無断欠席や当日欠勤の頻度が増えると問題
  • バイト経験が浅い学生がやりがち
  • 最初は注意されるが最後はクビになる可能性もある

スポンサーリンク

バイトを休みすぎるとどうなる?バイト先の変化

バイトを休みすぎると、あなたの状況も変わります。

職場の人に迷惑がかかるだけではないんですね。

① 仕事が覚えられない!時給も上がりづらい

ラーメン屋のバイト

バイトを始めたばかりであれば、休めば仕事を覚えるチャンスを逃すことになります。

働かない日数が増えれば、以前覚えたはずの仕事も忘れてしまうもの。

 

いつまで経っても働けず、それがモチベーションの低下につながるんですね。

見習いから一人前になり、時給が上がるのも遅くなるかもしれません。

 

職場の人と打ち解けるにも、何度か出勤して一緒に働く必要があります。

バイトに慣れるまでの時間を、自分で引き延ばしてしまうことになるので注意しましょう。

参考⇒バイトなのにやる気でない!モチベーションUPで乗り切る

② バイト先の人間関係に亀裂が入る

職場

何度も休んでいると、周りから良い目で見られることはないでしょう。

信用が下がり評価が下がると、仲間の輪に入りづらくなります。

 

『あの人が休むと、こっちの負担が増える』

そう思われると、休むたびに関係に亀裂が入ってしまいます。

 

体調不良や病気など、急用で休むことは誰にでもあるもの。

だから急用で休むときは、お互いに助け合いが必要なんですね。

 

それでも、あなただけが一方的に休むと、不公平感に繋がってしまいます。

参考⇒バイトの人間関係が最悪!雰囲気が悪いときの3つの対策

③ どんどんバイトを休むことに抵抗がなくなっていく

仕事を覚えられず、職場での居場所もない。

こうなると出勤するモチベーションが下がってしまいますよね。

 

結果的に些細な理由でバイトを休むようになってしまいます。

何度も休んでいると、『ダメなことだ』とわかっていても抵抗がなくなっていく。

 

そうなるとさらに仕事を覚えられず、同僚と距離が開くことになります。

この状態が続けばクビになる前に、自ら退職を申し出るケースにも発展します。

 

こうならないために、何度も休むクセをどのように直せばいいのでしょうか?

バイトを休みすぎるとどうなる?
  • 仕事を覚えられない
  • 職場に馴染めない
  • 結果的に休む頻度が増える

スポンサーリンク

バイトを休みすぎて気まずい!何回も休むのが申し訳ないときの代案

ついバイトを休んでしまう自分を、どのように変えていけばいいのか。

最後は休みすぎる行為の見直し方を見ていきます。

① 働き方を変える!バイトを休む原因を取り除こう

まずはバイトを休む原因を取り除けないか考えて行きます。

例えば夜更かしで寝坊するクセがあるなら、0時になったら布団に入るルールを作るなど。

 

試験対策が遅くてバイトを休みがちなら、普段から通勤電車などでテスト勉強をするのもおすすめです。

病気がちであるなら、まずはしっかりと休んでからバイトに復帰すべきです。

 

このように原因を取り除く工夫をすれば、バイトを休む頻度も少なくなってきます。

出勤したときの真面目な姿勢を見せれば、またあなたの評価も上がっていくでしょう。

② シフトを変える!負担のない範囲内でバイトを続ける

バイトのシフトを減らす

とくに原因がなくバイトを休んでしまうなら、シフトを減らした方が良いです。

シフトが多すぎると、休む可能性も増えてしまいますよね。

 

なのでシフトを減らし、『週に◯日だけは絶対に出勤する』という状況を作りましょう。

いきなりシフトを減らすことは難しいです。

 

ただ新人バイトを募集するタイミングなどであれば、店長に交渉すれば通りやすいですよ。

参考⇒バイトのシフトを減らしたい!シフト交渉を考える

③ バイトを変える!欠勤リスクが少ない働き方

どうしてもバイトを休んでしまうなら、働き方を変えましょう。

世の中にある仕事は、シフトに従い出勤する働き方だけではありません。

 

例えば授業がない土日だけ働けるバイトもあります。

参考⇒土日のみのバイトにおすすめ!授業の心配がない働き方

 

さらに1日だけ働く単発バイトなら、マイペースに働けますよね。

在宅バイトを選べば、欠席なんてリスクなく稼ぐことができます。

参考⇒在宅バイトのおすすめ!学生やスキル不要でも応募可

バイトを休むときの解決策
  • 原因を取り除く努力をする
  • シフトを減らしてもらう
  • 欠席リスクがない別のバイトをする

スポンサーリンク

バイトを休みすぎるとクビになることもある!最初は厳重注意

バイトを休むだけなら問題はありません。

事前報告は可能ですし、当日欠勤も誰だって事情があるので仕方がない部分はあります。

 

ただ無断欠勤だったり、当日欠勤が増えてくると職場から反感が生まれます。

店長の厳重注意を聞かなければ、クビという可能性も出てくるでしょう。

 

そうならないためにまずは、バイトを休む原因を取り除くことから始めます。

ただどうしても休んでしまうなら、在宅バイトなどマイペースに働けるバイトも検討した方が良いですね。

 

あなたに合った働き方ができるアルバイトを探してみませんか?

参考⇒バイトを辞めるって言いづらい!確実に辞める方法