土日にバイトはきつい

『人手が足りないのは分かってるけど土日のバイトはきつい』

 

多くの人が休日として遊ぶ土日祝日。

飲食店など接客業にとっては稼ぎ時なのですが、アルバイト側だとしんどいことが多いですよね。

  • 混雑していて疲れる
  • 平日と同じ時給だから精神的にもきつい
  • せめて土日のどちらかを休みたい

 

このように長期で働いていると、土日バイトへの不満も大きくなります。

そこで今回は『土日バイトがきついときの対処法』についてお話しします。

土日のどちらかを休みたいときの伝え方、あとは土日に働かない優良バイトを紹介します。

スポンサーリンク

大学生でバイトを土日に入れると遊べない!どちらか休みたいときの伝え方

まずは土日にシフトが入ってしまうときの休み方を考えていきましょう。

とりあえず土日にバイトを休みたいとき、長期的に土日のどちらかを休みたいときの2パターンに分けてお話しします。

土日のバイトを休みたいときの理由と伝え方

土日バイトを休みたい

どうしても来週の土曜日に休みたいなど、直近で休みたい日があるときは伝えるタイミングが大事。

とにかく1日でも早くシフトを決めている社員さんに伝えるのが正解です。

前もって休むことを伝えれば、シフト調整も行いやすく、土日といってもスムーズに休むことは可能。

 

冠婚葬祭や急病など急な理由だと仕方ないですが、それ以外の理由なら少しでも早く伝えることがポイント。

理由もわざわざそれっぽい嘘を作る必要はありません。

『急遽、家庭の事情で予定が入った』とかでも、1日くらいなら詮索されないはずです。

 

そして土日にバイトを休ませてもらったら、『別の日に代わりに入ります』という意欲も見せましょう。

あなたの代わりに入ってくれたアルバイトの子に聞いて、休みたい日を変わってあげるのが理想的。

相手が『特にない』と言ったときは、次に相手がシフトで困っていたら助けてあげると良いですね。

 

面接で『土日に入れます』と言い採用されたからといって、必ず土日に出勤する必要もありません。

たまに土日のバイトを休んでリフレッシュするのも、友達と遊んだりプライベートを充実させるのも自由です。

特定の日に休むとき
  1. シフトを決めている社員さんにできるだけ早く伝える
  2. 代わりに入ってくれた子と、シフトを別の日に調整する

 

今後、バイトを土日のどちらか休みたいとき

土日のどちらかのバイトを休む

面接では『土日の両方に入れます』と言った。

でも状況が変わって土日のどちらかを休みたいというケースも大丈夫。

 

社員さんに事情を説明すれば、どちらかに休みをもらえる可能性は高いです。

もちろんお店側だと繁盛期の土日にはアルバイトに手伝ってほしいのが本音。

 

ただ他のアルバイトの子との兼ね合いを考えながら、シフトを調整できる場合は可能です。

『これから資格の勉強があるので土曜日には働けません』など理由もしっかり伝えましょう。

 

注意したいのは、他のバイトの子に不公平だと思われるリスクがあるということ。

『私は忙しい曜日に働いているのに!!』と心の中で不満を持たれるかもしれません。

このようにあなたの要望を受け入れてもらえないときや、職場の人間関係が悪くなったときは、別のバイトに変えることも検討しましょう。

休みたいのに土日ばかりシフトを入れられるとき!つらいなら変えるのもアリ

土日バイトに遊べないなら乗り換える

1日だけだとしても、長期的だとしても、土日に休みたいと思ったときは、まず社員さんに相談することから始まります。

そこでスムーズに変更できればいいですが、『それはムリ』と言われる可能性もあります。

そのときは別のバイトに乗り換えることも検討しましょう。

 

もちろん今すぐにバイトを辞めて、別の仕事を探す必要はありません。

ただ長期的に土日にバイトを休めないなら、今後もあなたの不満は大きくなっていくはず。

 

『自分のワガママでバイトを辞めてはいけない』と考える必要はありません。

もっと自分にピッタリあった職場に変えるのは悪いことではないので。

参考⇒バイトを辞めるときの切り出し方とタイミング

 

土日バイトは遊べないからきついと感じる人向けの求人特集

土日は働きたくないという人でも、求人サイトを見れば、ストレスなく働けるバイトは転がっています。

土日にバイトしたくない人向けの求人の特徴は次の3つ。(+オマケで1つ)

スポンサーリンク

①シフトが自己申告制のバイトが最強

遊びたい日は遊びたいし、働きたい日は働きたい

そんな人向けのバイト求人が『シフトを自己申告できるバイト』です。

 

自分で働く日を申告できるので、空いた日だけ働くことが可能。

『今月は遊びたいから休みを多くしよう』とか、『今月は財布がピンチだから働こう』と融通が効きます。

 

工場の軽作業バイトなど24時間365日稼働しているところはシフトの自己申告制を取り入れています。

接客業は難しいですが、手作業の求人が多いですよ。

②空いた日だけ単発バイト・派遣バイトをする

単発バイトで平日に働く

空いた日だけ働けるバイトだと、単発バイトも候補になります。

単発バイトとは1日~数日の短期的な求人のこと。

時給も高いので人気のバイトと言えます。

 

ただ毎回のように求人サイトから単発バイトを探して応募するのは面倒ですよね。

そこで検討したいのが派遣バイト。

 

派遣サイトに登録して働きたい日を申告すると、その日に働いてほしい職場を紹介してくれるマッチングみたいなサイトです。

これなら毎回のように応募する手間もないのでラク。

参考⇒単発バイトのおすすめ15選!コスパよく働こう

 

③在宅バイトなら曜日や時間帯に関係なく働ける

在宅でお小遣い

3つ目のおすすめ求人が在宅バイト系。

家でできる仕事なので、そもそも出勤する必要がないのがポイント。

曜日も関係なく、『少し手が空いたから働こう』とスキマ時間にできるのがメリットです。

 

デメリットとしては仕事の単価が安いことですね。

なので複数の在宅バイトを掛け持ちしたり、単発バイトと在宅バイトを両立させるなど工夫が必要。

 

スキルも必要ない在宅バイトも意外と多いので、興味があればチェックしてみましょう。

参考⇒モニターバイトはどれくらい稼げる?

参考⇒在宅バイトのおすすめ9選

 

【オマケ】どうしても接客バイトが良いとき

人混み

土日に休みたいなら接客業は不向きです。

飲食店やホテル業など接客業は基本的に土日祝日に人手が足りなくなるのが現実。

なので面接で『土日は休みたい』と答えて採用してもらいにくいし、仮に採用されても戦力になるのは難しいです。

 

ただどうしても接客業をしたいなら、オフィス街の飲食店がおすすめ。

オフィス街のお店は、他の地域と違ってサラリーマンなど会社員がお客になります。

 

なので平日に忙しく土日は暇なので、土日祝日に休みをもらいやすいです。

(店舗がオフィスビル内にあれば、ビル自体が土日に休みだとお店も定休日になりますよ)

どうしても接客業がしたいならオフィス街の求人をチェックしましょう。

スポンサーリンク

土日にバイトを入りたくないなら正直に!面接で嘘はダメ

最後は別のバイトに乗り換えるときの面接での疑問について。

土日に休みたいということは会社側にとっても重要なコトです。

先ほど言ったような土日に休みやすいバイトなら、気にする必要はありません。

 

ただ接客業だと、どうしてもお店側も『最低でも土日のどちらかには出られる』と想定しているのが現実。

なので土日の両方を休みたいときは、不採用にされることを覚悟で、事前に休みたいと正直に伝えましょう。

 

募集要項に『土日祝に入れる方は歓迎』と書いてあれば、採用される確率はグッと下がります。

(そもそも応募するだけムダかも)

不採用通知が届くのが嫌なら、先ほど言った土日に休みやすいバイトから探すのが無難です。

スポンサーリンク

大学生で土日にバイトすると遊べない!どちらか休みたいなら申告しよう

今回は土日にバイトをするのがシンドイときの対処法をお話ししました。

短期的に休みたいなら、社員さんに伝えれば答えてくれるはず。

代わりにシフトに入ってくれた人が、次回シフトで困っていたら助けてあげることを忘れずに。

 

長期的にバイトを休みたいときも、まずは社員さんに相談しましょう。

もし要望が通らないなら、土日に休みやすいバイトに切り替えることも検討します。

 

①シフトが自己申告制・②単発バイト(派遣バイト)・③在宅バイトなら、シフトの融通がききます。

また接客業のバイトでもオフィス街になる店舗なら、平日の方が混むので採用されるかもしれませんよ。

参考⇒受かりやすいバイトって何があるの?

参考⇒おすすめしないバイトに隠された共通点とは?